[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥の強打に耐えられるか 米メディアがカシメロの弱点分析「勝機を見出すなら…」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)はWBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)と、4月25日(日本時間26日)に米ラスベガスで拳を交えることが濃厚となっている。米メディアではカシメロの弱点を分析。「勝機を見出すためには被弾するしかない」としている。

ジョンリエル・カシメロ【写真:Getty Images】
ジョンリエル・カシメロ【写真:Getty Images】

4月の井上尚弥戦、米メディアがカシメロの弱点分析「彼は被弾してしまう」

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)はWBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)と、4月25日(日本時間26日)に米ラスベガスで拳を交えることが濃厚となっている。米メディアではカシメロの弱点を分析。「勝機を見出すためには被弾するしかない」としている。

【PR】2020年の目標はインカレ総合2連覇 中央大学自転車競技部が選んだ“パートナー”とは

「ナオヤ・イノウエとジョンリエル・カシメロがラスベガスで4月25日にファイトする。ESPNで放送」と注目しているのは、米メディア「ボクシングニュース24」だった。昨年11月、英・バーミンガムで行われたWBO王者ゾラニ・テテ(南アフリカ)を倒し、3階級制覇を果たしたカシメロ。井上と対峙すると海外メディアで報じられるなか、記事では王座陥落したテテのミスに注目している。

「テテはカシメロにあまりに接近させるというミスを犯した。そして、リラックスしていた。31歳のテテが小柄でパワフルなカシメロが近距離でいかに危険かを理解していないことは明らかだった」

 3回TKO負けで王座陥落したテテの失敗を指摘。テテから王座奪取に成功したカシメロだが、井上を倒すことはできるのだろうか。記事では「彼にはイノウエを倒すパンチのパワーは持っている。しかし、ハンドスピードに欠けている。そして、彼は被弾してしまう。イノウエはカシメロに着弾することができれば、彼を倒してしまうだろう」と記している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集