[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ウィザーズ、34点差でマジックに今季4戦4敗 連勝は2でストップ、八村塁ら8選手欠場

米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズは8日(日本時間9日)、敵地アムウェイ・センターで行われた同地区のマジックに89-123で敗れた。八村塁は鼠径部打撲で12戦連続欠場。今季同カード4戦全敗となり、連勝も2でストップした。

アドミラル・スコフィールド【写真:Getty Images】
アドミラル・スコフィールド【写真:Getty Images】

ウィザーズが敵地で黒星

 米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズは8日(日本時間9日)、敵地アムウェイ・センターで行われた同地区のマジックに89-123で敗れた。八村塁は鼠径部打撲で12戦連続欠場。今季同カード4戦全敗となり、連勝も2でストップした。

【特集】5人制元日本代表はなぜ3×3で現役復帰したのか 「バスケ界に恩返しを」 / バスケットボール「3×3」・渡邉拓馬インタビュー(GROWINGへ)

 八村のほか、エースのブラッドリー・ビールら8選手を負傷で欠くウィザーズ。6日のセルティックス戦と同じスタメンで挑んだ。立ち上がりからマジックの得意とするスローペースで試合がスタート。エバン・フォーニエが3Pなどを着実に沈める相手に対し、ウィザーズはアイザイア・トーマスやジョーダン・マクレイがシュートに苦しみ、得点を重ねられなかった。

 第2クォーター(Q)に入り、ようやくエンジンがかかり始めた。八村と同じくルーキーのアドミラル・スコフィールドが躍動。前半だけで3P2本を含む14点を決め、チームに勢いをもたらした。しかし、終盤にウィザーズが2得点を決める間に13点を許し、52-69と17点のビハインドで折り返した。

 第3Qも流れは変わらなかった。マジックオフェンスを止められず、最大29点のリードを奪われるなど防戦一方の展開。第4Qも打開策を見出せず、今季3戦全敗中だった苦手マジックにまたも敗れ、3連勝はならなかった。

(THE ANSWER編集部)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集