[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

聖ウルスラ英智、創部13年目で男子団体初V “泣き虫先生”が伝えた人生で大切なこと

全国高校総体(インターハイ)のバドミントンは2日、熊本・八代トヨオカ地建アリーナで行われ、男子団体戦では聖ウルスラ学院英智(宮城)が浪岡(青森)を3-0で下し、創部13年目で初優勝を果たした。部員1人だった創部当初からチームを率いる“泣き虫先生”が、選手たちの成長に号泣。自立を促す指導を受けてきた教え子たちは、最高の恩返しで応えてみせた。

初優勝を果たした聖ウルスラ学院英智【写真:荒川祐史】
初優勝を果たした聖ウルスラ学院英智【写真:荒川祐史】

今春選抜王者にリベンジ成功、部員1人から始めた畑山辰徳監督は号泣

 全国高校総体(インターハイ)のバドミントンは2日、熊本・八代トヨオカ地建アリーナで行われ、男子団体戦では聖ウルスラ学院英智(宮城)が浪岡(青森)を3-0で下し、創部13年目で初優勝を果たした。部員1人だった創部当初からチームを率いる“泣き虫先生”が、選手たちの成長に号泣。自立を促す指導を受けてきた教え子たちは、最高の恩返しで応えてみせた。

 優勝候補を大舞台で退けた。春の全国選抜でシングルス、ダブルス、団体戦の3冠を達成し、世代No.1の呼び声高い奈良岡功大(3年)を要する浪岡との決勝。聖ウルスラ学院英智が2-0であと1勝としたところで、藤澤佳史(3年)と熊谷翔(3年)が奈良岡、武藤映樹(3年)ペアを相手に勝負を決めた。

 選抜団体戦決勝と同じカード。4か月前、藤澤、熊谷ペアは2-3で敗れた。藤澤は奈良岡との前衛対決に集中。相手にほころびが生まれると、すかさず後衛の熊谷が決めた。「藤澤が抜かれたら、僕がカバーするつもりだった」と熊谷。抜群のコンビプレーで過去4戦全敗の相手に最後の最後でリベンジ成功。選抜決勝の屈辱を倍返しにするチームスコア3-0のストレート勝ちで悲願の初優勝を遂げた。

「この仕事をしていると、彼らの成長に驚かされる」。目を真っ赤にして涙をぬぐったのは、畑山辰徳監督だった。2007年の創部から指導してきた36歳。「監督は無力。君たちを信じるしかなかった。自分がすげぇ恥ずかしいよ。優勝できるか不安で寝れない日もあった」。優勝後、選手たちの前で語る目から大粒の涙が止まらなかった。

 最初は部員1人から始まった聖ウルスラ学院英智バドミントン部。コートは1面もなく、ソフトテニス部から助っ人を呼んで大会に出たこともあった。そんな心細い監督生活で徹底したのは「自立させる」ということ。「大学、社会に出た時に自分から考えて、向上心を持って生きてほしい」。優しさを持って人に接することの大切さを伝えると「あの学校いいよね」と噂が広まり、徐々に部員が増加。今や男女合わせて44人になった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集