[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

聖ウルスラ英智、創部13年目で男子団体初V “泣き虫先生”が伝えた人生で大切なこと

聖ウルスラ学院英智の畑山辰徳監督(左)【写真:荒川祐史】
聖ウルスラ学院英智の畑山辰徳監督(左)【写真:荒川祐史】

ハートで接する監督に主将「泣かせてやりたいと思っていた」

 叱るときも生徒たちの表情をよく観察し、周りの人から情報を集めて状況を把握してからアドバイス。選手たちが「熱い人」と口をそろえる指揮官は、恋バナだってしてくれる。「君たちが応援してもらえるのは、バドミントンの成績があるからじゃないよ。普段の振る舞い。人との付き合いで回っているんだから」。練習環境が良くなるにつれ、口酸っぱく伝えた。

 7月にアジアジュニアに出場する主将の藤澤と熊谷がチームを離れた。インターハイ前の大事な時期。藤澤はグループLINEでチーム状況を逐一確認した。しかし、戻った時に異変に気付いた。「インターハイへの準備ができていないんじゃないか」。空気の緩さを察知。主将と他のメンバーに距離感があったが、畑山監督も間に入って会話を重ねた。指揮官は「大会に入ってもふわっとしていた」と語るが、勝利を重ねるうちに、選手同士が「自立」で一枚岩になった。

「やるのは選手。自己責任で」と団体戦のオーダー決めも選手中心。ずっと目標にしてきた全国制覇を手にした瞬間も、選手たちはコートに飛び出すことはせず、ベンチ内で少し控えめにガッツポーズを作った。「相手がいて、この場がある」と監督が口癖のように語る敬う気持ちをしっかりと体現した。

 試合後の取材中でも涙目で言葉を並べる“泣き虫先生”。藤澤は「選抜の準々決勝で勝って少し泣いて、準決勝の後も少し泣いて、準優勝しても泣いていた。本当に熱い人です。優勝して、また泣かせてやりたいと思っていた」とニヤリ。嬉し涙を流す姿を笑顔で喜んだ。

 監督の12年間の苦労を知る今の部員たち。「まだ個人戦がある。ここから乗りに乗って、また泣かせたいと思います」と主将は宣言した。3日からの個人戦。ハンカチが必要だ。

◇インターハイのバドミントンは1日から5日まで熱戦が繰り広げられる。今大会は全国高体連公式インターハイ応援サイト「インハイTV」を展開。インターハイ全30競技の熱戦を無料で配信中。また、映像は試合終了後でもさかのぼって視聴でき、熱戦を振り返ることができる。

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集