[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

世界のラグビー強豪国は何を食べて強い? 「5フードグループ」から見る日本との比較

Jリーグやラグビートップリーグをみてきた公認スポーツ栄養士・橋本玲子氏が「THE ANSWER」でお届けしていた連載「働く人の食事術」は10月からさらにパワーアップ。より食や栄養に対して敏感な読者向けに、世界のスポーツ界の食や栄養のトレンドなど、第一線で活躍する橋本氏ならではの情報をお届けする。今回は「ラグビー強豪国の食」について。

世界のラグビー強豪国と日本の「食」の違いとは?【写真:Getty Images】
世界のラグビー強豪国と日本の「食」の違いとは?【写真:Getty Images】

公認スポーツ栄養士・橋本玲子氏の連載、今回は「ラグビー強豪国の食」

 Jリーグやラグビートップリーグをみてきた公認スポーツ栄養士・橋本玲子氏が「THE ANSWER」でお届けしていた連載「働く人の食事術」は10月からさらにパワーアップ。より食や栄養に対して敏感な読者向けに、世界のスポーツ界の食や栄養のトレンドなど、第一線で活躍する橋本氏ならではの情報をお届けする。今回は「ラグビー強豪国の食」について。

 ◇ ◇ ◇

 日本の素晴らしい快進撃で、大いに盛り上がったラグビーワールドカップ(W杯)。3位決定戦を含め、残すところあと4試合となりましたが、連日、様々なトピックスがメディアに取り上げられています。

 日本代表の食事もその一つ。選手たちは1日5000~6000kcalの食事を摂っているそうですが、これは一般的なビジネスマンの2倍~2.5倍のエネルギー量。サッカー選手で3500~4000kcalが目安ですから、彼らがいかに多くのエネルギーを使い、そして食べているかが推し量られます。

「世界のラグビーやサッカーの強豪国やチームは何を食べていますか?」とはよく聞かれる質問の一つですが、世界のアスリート食の考え方は、国際オリンピック委員会(IOC)から発表される合同声明の考え方をベースにするとわかりやすいと思います。

 IOCの合同声明にはアスリート食の基本的な考え方について「エネルギーの必要量を満たし、野菜、果物、豆・豆製品、穀類、脂身の少ない肉、魚、油分、炭水化物を中心としたバラエティに富む栄養価の高い食事であれば、ビタミンやミネラルを十分に補える」と記しています。

 つまり、日本でもよく聞かれる「低脂肪かつタンパク質、炭水化物、ビタミン、ミネラルが豊富な食事」は、世界共通の基本なのです。

1 2 3

橋本 玲子

株式会社 Food Connection 代表取締役

管理栄養士/公認スポーツ栄養士

2003年ラグビーワールドカップ日本代表、サッカーJ1横浜F・マリノス(1999年~2017年)、ラグビートップリーグ・パナソニック ワイルドナイツ(2005年~現在)ほか、車いす陸上選手らトップアスリートのコンディション管理を「食と栄養面」からサポート。また、ジュニア世代と保護者に向けての食育活動も行う。アメリカ栄養士会スポーツ循環器栄養グループ(SCAN)ならびに、スポーツ栄養の国際的組織PINESのメンバー。アメリカ栄養士会インターナショナルメンバー日本代表(IAAND)として、海外の栄養士との交流も多い。近著に『スポ食~世界で戦うアスリートを目ざす子どもたちに~』(ベースボールマガジン社)

URL:http://food-connection.jp/

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビューや健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌などで編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、サンマーク出版)、『カチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチ』(永井峻著、高橋書店)など。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集