[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

プロ2年目で戦力外→8年後「社長」に 元Jリーガー中村亮が米国で見出した第二の人生

1993年の開幕から30シーズン目を迎えているJリーグは、これまで時代を彩るスターを生み出してきた一方、毎年多くの選手が現役生活に別れを告げ、人生の選択を迫られてきた。期待の大卒ルーキーとして2004年にFC東京に加入するも、怪我によりわずか2年でスパイクを脱いだ中村亮は、様々なキャリアを積みながら新たな生きる道を模索し、引退から8年後に起業。将来を嘱望された左サイドバックは、なぜ米国の大学に日本人留学生を送り込むビジネスに辿り着いたのか。その足跡を追った。(取材・文=加部 究)

現役引退から8年後に起業し、日本人選手の米国留学をサポートしている中村亮氏【写真:株式会社WithYou】
現役引退から8年後に起業し、日本人選手の米国留学をサポートしている中村亮氏【写真:株式会社WithYou】

「元Jリーガー社長のキャリア選択」第1回、出場ゼロで脱いだプロのユニフォーム

 1993年の開幕から30シーズン目を迎えているJリーグは、これまで時代を彩るスターを生み出してきた一方、毎年多くの選手が現役生活に別れを告げ、人生の選択を迫られてきた。期待の大卒ルーキーとして2004年にFC東京に加入するも、怪我によりわずか2年でスパイクを脱いだ中村亮は、様々なキャリアを積みながら新たな生きる道を模索し、引退から8年後に起業。将来を嘱望された左サイドバックは、なぜ米国の大学に日本人留学生を送り込むビジネスに辿り着いたのか。その足跡を追った。(取材・文=加部 究)

 ◇ ◇ ◇

 2004年、FC東京は左サイドバック(SB)の逸材の獲得に成功した。185センチ、長身のレフティーで、しかも飛び切りの駿足を誇る。日本大学選抜の一員としてユニバーシアード大邱大会(2003年)でも優勝を飾っていた。

 彼に大きな期待が寄せられていたことは想像に難くない。当時FC東京は、原博実監督の下でダイナミックな両翼からの仕掛けを標榜しており、右SBには加地亮が君臨していた。もし新加入の中村が左サイドに定着すれば、滝川第二高校のOBがFC東京の両SBを担い、後に頭角を現す長友佑都は別の環境やポジションを選択した可能性もある。

 しかし、将来を嘱望された大型左SBは、Jリーグのピッチに一度も立つことなくユニフォームを脱いだ。中学時代から痛み始めていた膝は、プロになって手術を試みても回復の兆しを見せることがなかった。Jリーガーの肩書きとともに過ごしたのは、わずか2年間だった。

 ただし、彼は安直にセカンドキャリアを選択しなかった。時間をかけて遠回りをしながらもサッカーに替わる武器を探し、丹念に磨き上げ新境地を切り拓いた。

 現在、中村亮は兵庫県神戸市に本社、東京都渋谷区に支社を持つ株式会社「WithYou」の代表取締役として日米両国を忙しく飛び回っている。

 毎年約100人のサッカー留学生を米国の大学へ送り込んでおり「現地で繋がりを持つ大学は300校を超えてなお日々増えている」状態だという。

 Jリーグでは大卒選手が約半数を占め、国際的には異例の高学歴を誇る。実際に古橋亨梧(セルティック)や守田英正(スポルティングCP)のように、大卒でも欧州に進出し、日の丸をつける選手が目につくようになった。だが中村は、日本のユース年代の選手たちに、国内の大学進学を凌駕する魅力的な可能性を提供している。

1 2

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近、選手主体のボトムアップ方式で部活に取り組む堀越高校サッカー部のノンフィクション『毎日の部活が高校生活一番の宝物』(竹書房)を上梓。『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(いずれもカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集