[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“脱・実業団”で真のプロ化を 元日本代表名手がBリーグで「GM補佐」になった理由

今後はGMをサポートする立場として、チーム強化にまつわる業務を担う渡邉拓馬氏【写真:村上正広】
今後はGMをサポートする立場として、チーム強化にまつわる業務を担う渡邉拓馬氏【写真:村上正広】

選手出身GMが日本バスケの強化に…逸材は「これからたくさん出てくる」

「自分と同じような役職につける選手は何人もいるし、これからたくさん出てくる。そういう中でクラブに合ったスタイルを確立していけばいい。ただ、その中でもクラブだけじゃなく、日本全体を意識したチーム作りがプレーヤー出身者を中心に各クラブができれば、日本代表の強化にもつながる。今の日本の状況では、チームだけのことを考えていたらいけない。それは世界ランクを上げていく上では必須条件だと思います」

 このように熱く語った渡邉氏。果たして、自身は今後、どんなキャリアを築いていくのか。

「今後、GM業を自分の仕事としてやっていくには、まだ経験が少ないと思う。ビジネス面は今、GMの下でやりながら勉強中。理想的には毎年、ファイナルに出るようなチームを作ること。アジア、世界に通用するクラブになってほしいですから。目の前だけじゃなく、日本代表のことも気にしながら、作っていけるビジョンは持ちたい。バランスです。今も大事だし、先も見て勝っていかないといけない。そういう目も養わないといけない」

 自分の仕事が日本の強化につながる。目標を現実にするためにも、もっと成長しなければいけないと感じている。

「バスケもそうだし、人間関係を形成するのもそう。自分自身の人間力の未熟さもある。理想像といえば、いるかいないかわからないけど、ひとことで選手を助けられるという存在。(フロントが)常にいると、選手も構えてしまう。その場にはいるけど、存在感を出さずに大事なときだけ、的確な言葉を伝えられる人間に成長したい。これからも、そういうような存在でありたいと思っています」

(THE ANSWER編集部)

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集