[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 川内優輝、「-17度の激走」 公務員ランナーに地元誌脚光「週40時間勤務の労働者」

川内優輝、「-17度の激走」 公務員ランナーに地元誌脚光「週40時間勤務の労働者」

男子マラソンの川内優輝(埼玉県庁)が1日、米ボストンで行われた「マーシュフィールド・ニューイヤーズデイ・マラソン」に出場し、2時間18分59秒をマーク。気温-17度という極寒レースで自身76度目の2時間20分切りで世界最多記録を樹立した。全身タイツに目だし帽で、成し遂げた快挙を地元メディアも紹介。「2人が残酷な条件でリタイヤする中、ショーを演じた」「週40時間勤務の労働者カワウチはファンお気に入りのランナー」と孤独な力走を称賛している。

川内優輝【写真:Getty Images】
川内優輝【写真:Getty Images】

76度目の2時間20分切り世界記録…“日常”は公務員、異色の経歴に地元メディア注目

 男子マラソンの川内優輝(埼玉県庁)が1日、米ボストンで行われた「マーシュフィールド・ニューイヤーズデイ・マラソン」に出場し、2時間18分59秒をマーク。気温-17度という極寒レースで自身76度目の2時間20分切りで世界最多記録を樹立した。全身タイツに目だし帽で、成し遂げた快挙を地元メディアも紹介。「2人が残酷な条件でリタイヤする中、ショーを演じた」「週40時間勤務の労働者カワウチはファンお気に入りのランナー」と孤独な力走を称賛している。

【特集】「与えられるものは有限、求めるものは無限」 金メダルの裏にあった“覚悟” / スピードスケート 小平奈緒さんインタビュー(GROWINGへ)

「ユウキが凍てつくマーシュフィールドで76度目の2時間20分切りの世界記録を樹立」。川内の極寒の力走を特集したのは、米ニューイングランドの専門誌「ニューイングランド・ランナー」電子版だった。

 記事によると、氷点下17度という過酷な条件で行われた大会で、フルマラソンのエントリーはわずか3人。しかし、日本からやってきた30歳は驚異の走りを演じ、2時間18分59秒で見事に完走してみせたのだ。

 特集では「1週間に40時間働き、ファンのお気に入りである日本のマラソンランナー、ユウキ・カワウチ」と記し、公務員で実業団に所属しない異色の“日常”に脚光を当てている。

 その上で「フルマラソン登録者のうち、2人が残酷な条件でリタイヤする中、1人のランナーがショーを披露した。まさにショーだった」と唯一の完走者となったことを称賛している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー