[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ブカツ応援
  • ユースから異例の“移籍” 青森山田エースが“高校サッカーの10か月”で掴んだもの

ユースから異例の“移籍” 青森山田エースが“高校サッカーの10か月”で掴んだもの

試合終了のホイッスルが鳴り響いた瞬間、青森山田の選手たちはピッチに崩れ落ちた。それは、選手権連覇の夢が潰えた瞬間だった。しかし、ホイッスルが吹かれる数秒前、すでにピッチにうずくまる選手がいた。FW中村駿太(3年)だ。

青森山田のFW中村駿太【写真:編集部】
青森山田のFW中村駿太【写真:編集部】

元柏U-18エース・中村駿太が奮闘も…長崎総科大付に0-1敗戦、連覇の夢潰える

 試合終了のホイッスルが鳴り響いた瞬間、青森山田の選手たちはピッチに崩れ落ちた。それは、選手権連覇の夢が潰えた瞬間だった。しかし、ホイッスルが吹かれる数秒前、すでにピッチにうずくまる選手がいた。FW中村駿太(3年)だ。

 第96回全国高校サッカー選手権は3日、各地で3回戦を行い、青森山田(青森)はフクダ電子アリーナで長崎総科大付(長崎)に0-1の敗戦を喫した。

 前回王者でストライカーの役割を担うのは、J2モンテディオ山形の加入が内定している中村。昨春に柏レイソルU-18から“移籍”した。これまでもユースから高校転入という事例はあったが、ユースチームの絶対的エースを務める選手が高校へと活躍の場を移すのは異例。それは、選手権の舞台に立ちたいという想いが背中を押した決断だった。

「自分はストライカー。点を取ることでチームに貢献したい」。前日、2ゴールを挙げた草津東(滋賀)との2回戦後、中村は力強くそう言い放った。チームに加入して、たった10か月。それでも「すぐに温かく迎え入れてくれた監督とチームメートには本当に感謝しきれてもしきれない」と語る。

 だからこそ、ゴールという結果で青森山田に恩返しすることを強く望んでいた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー