[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 目だし帽、出場3人、唯一完走、観衆50人 川内優輝、「-17度の世界記録」の舞台裏

目だし帽、出場3人、唯一完走、観衆50人 川内優輝、「-17度の世界記録」の舞台裏

陸上の男子マラソン・川内優輝(埼玉県庁)が1日、米ボストンで行われた「マーシュフィールド・ニューイヤーズデイ・マラソン」に出場し、2時間18分59秒をマーク。気温-17度という極寒レースで自身76度目の2時間20分切りで世界最多記録を樹立した。米メディアによれば、フルマラソンに出場したのはわずか3人で、完走したのは川内のみ。過酷な舞台裏で前人未踏の大記録は生まれた。

川内優輝【写真:Getty Images】
川内優輝【写真:Getty Images】

フルマラソン出場3人の極寒レース、世界最多76度目の「サブ20」達成で米話題

 陸上の男子マラソン・川内優輝(埼玉県庁)が1日、米ボストンで行われた「マーシュフィールド・ニューイヤーズデイ・マラソン」に出場し、2時間18分59秒をマーク。気温-17度という極寒レースで自身76度目の2時間20分切りで世界最多記録を樹立した。米メディアによれば、フルマラソンに出場したのはわずか3人で、完走したのは川内のみ。過酷な舞台裏で前人未踏の大記録は生まれた。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

 表情が覗くのは、目と鼻のみ。顔をすっぽりと覆った“目だし帽”で、川内は歴史的瞬間を迎えた。史上最多となる76度目の「サブ20」(2時間20分切り)を達成。米国人の男性ランナーの記録を塗り替え、マラソン界に「Yuki Kawauchi」の名前を刻んだ。

 過酷な闘いだった。舞台となったボストンは1月は平均気温が氷点下5度ともいわれる寒冷の都市。しかし、新年を迎えたばかりのこの日、米誌「スポーツイラストレイテッド」によれば、気温-17度に及んだという。息をするだけでも肺に痛みが走りそうだ。

 そんな中、蛍光オレンジの長袖ウェアに「4100」のゼッケンをつけ、黒の長袖パンツに手袋、そして“目だし帽”で力走した姿を、地元メディアは画像付きで紹介。注目を浴びる中で42.195キロを走り抜いた。

1 2
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー