[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 井上尚弥、衝撃の再現はお預け 大物プロモーター明言「Superflyには参戦しない」

井上尚弥、衝撃の再現はお預け 大物プロモーター明言「Superflyには参戦しない」

ボクシングのWBO世界スーパーフライ級王者の井上尚弥(大橋)は昨年12月30日、同級6位のヨアン・ボワイヨ(フランス)に3回TKO勝ちを収め、7度目の防衛を果たした。ボワイヨ戦を最後にバンタム級転向の意向を明言。当初は2月に米国で行われるスーパーフライ級の猛者を集めた「Superfly2」参戦を希望していたが、大物プロモーターは今回の米上陸が消滅したと明らかにした。米ボクシング専門メディア「ボクシングシーン.com」が報じている。

井上尚弥【写真:Getty Images】
井上尚弥【写真:Getty Images】

衝撃の米デビュー飾った「Superfly」第2弾参戦ならず

 ボクシングのWBO世界スーパーフライ級王者の井上尚弥(大橋)は昨年12月30日、同級6位のヨアン・ボワイヨ(フランス)に3回TKO勝ちを収め、7度目の防衛を果たした。ボワイヨ戦を最後にバンタム級転向の意向を明言。当初は2月に米国で行われるスーパーフライ級の猛者を集めた「Superfly2」参戦を希望していたが、大物プロモーターは今回の米上陸が消滅したと明らかにした。米ボクシング専門メディア「ボクシングシーン.com」が報じている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 井上は昨年9月、カリフォルニア州スタブハブ・センターで衝撃の米デビューを果たした。スーパーフライ級の実力者が一堂に会した大イベント「Superfly」で、同級7位のアントニオ・ニエベス(米国)に6回TKO勝ち。記事では「米国デビューで彼はアントニオ・ニエべスを6ラウンドで沈め、目撃者に感銘を与えた」と振り返っている。

 鮮烈なインパクトを残した「モンスター」は、2月24日に予定される「Superfly」第2弾の参戦は目玉の一つと期待されていた。イベントをプロモートしているトム・ロフラー氏も招聘に尽力していたが、ついに白旗を掲げるに至った。

「自分の把握しているところでは、彼は最後の戦いの後には118(バンタム級)に昇級することになると言っていた。つまり、彼はSuperflyのショーには参戦しないということだ」

 記事によると「360プロモーション」の総帥ロフラー氏はこう語ったという。井上は「Superfly2」での統一戦をかねてから希望していたが、かなわなかった。ロフラー氏は「カリド・ヤファイとの統一戦についてエディ・ハーンと会談したが、話はそこまで進まなかった。アンカハスはトップランク社と仕事する方向に進んでしまった」と語ったという。

1 2
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー