[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

目だし帽、出場3人、唯一完走、観衆50人 川内優輝、「-17度の世界記録」の舞台裏

出場3人でリタイア2人、陸上競技場に待っていたのは50人の観衆とクラブメンバ

 米ニューイングランドのランニング専門誌「ニューイングランド・ランナー」によれば、大会のフルマラソンに出場したのはわずか3人。しかも、残り2人は途中棄権し、完走したのは川内のみだったという。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 記事では「フルマラソン登録者のうち、2人が残酷な条件でリタイアする中、1人のランナーがショーを披露した。まさにショーだった」と称賛。最後に陸上競技場に待っていたのは、50人の観衆とクラブメンバーだったことも紹介している。

「今日、出せたものとは思えなかった。これまでたくさんのマラソンを走ってきて、天気に関して比べるのは難しいけど、一つだけ言えるのは、歴代のマラソンの中で最も寒かったということ。南極マラソンに向けていいトレーニングになりました」

 レース後、こう語ったという川内。日本が世界に誇る“最強の市民ランナー”は、極寒のボストンの空気を切り裂く力走を演じ、マラソン界に金字塔を打ち立てた。

(THE ANSWER編集部)




1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集