[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

川内優輝、「-17度の激走」 公務員ランナーに地元誌脚光「週40時間勤務の労働者」

目と鼻以外をすっぽりと帽子で包み、わずかに覗いた表情は紅潮も…

 全身タイツ姿で、顔は目と鼻以外をすっぽりと帽子で包み、わずかに覗いた表情は紅潮。そんな状態でただ一人走り抜いた“最強の市民ランナー”の孤独な戦いは、スポーツの枠を超え、もはや「ショー」に映ったようだ。

【PR】2020年の目標はインカレ総合2連覇 中央大学自転車競技部が選んだ“パートナー”とは

 そんな極限状態で世界最多76度目となる2時間20分切りのタイムを目にした時、川内は自らの目を疑ったという。

「今日、出せたものとは思えなかった」と驚き、さらに「これまでたくさんのマラソンを走ってきて、天気に関して比べるのは難しいけど、一つだけ言えるのは、歴代のマラソンの中で最も寒かったということ。南極マラソンに向けていいトレーニングになりました」と語ったという。

 今後は4月のボストンマラソンに照準を合わせ、「先頭集団で走り、3位以内でフィニッシュしたい」と意気込んだことも紹介されていた。その前哨戦の「-17度の激走」で、アメリカで大きな話題を呼んでいる。

(THE ANSWER編集部)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集