[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ダルビッシュも認めた 25歳の元早実エース、「107日間の米挑戦」で決めた第二の人生

大企業のサラリーマンを辞め、右腕一本で米国に挑戦した男が、新たな一歩を踏み出した。差し出された名刺には「Pitching Strategist」とある。「まだまだ始まったばかりですけど、自分がやりたいと思っていたこと。自信はあります」と笑った視線は、第二の人生を捉えていた。内田聖人、25歳。春に野球界でにわかに脚光を浴びた挑戦は、意外な結末を迎えていた。

自身が代表を務める「NEOLAB」のロゴを手に米挑戦を振り返った内田聖人【写真:編集部】
自身が代表を務める「NEOLAB」のロゴを手に米挑戦を振り返った内田聖人【写真:編集部】

天然ガス営業マンから米独立リーグに挑戦し話題を呼んだ内田聖人、その後のすべて

 大企業のサラリーマンを辞め、右腕一本で米国に挑戦した男が、新たな一歩を踏み出した。差し出された名刺には「Pitching Strategist」とある。「まだまだ始まったばかりですけど、自分がやりたいと思っていたこと。自信はあります」と笑った視線は、第二の人生を捉えていた。内田聖人、25歳。春に野球界でにわかに脚光を浴びた挑戦は、意外な結末を迎えていた。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 まずは、その経歴を改めて紹介したい。

 静岡・伊東市出身。伊東シニア時代に日本代表に選ばれ、東京の名門・早実に進学。2年夏の甲子園に出場し、聖地のマウンドを踏むと、3年夏は伝統のエースナンバー「1」を背負い、「斎藤佑樹2世」とも言われた。西東京大会決勝で後に甲子園を制覇する日大三と対戦。1-2で敗れこそしたものの、高山俊(現阪神)、横尾俊建(現日本ハム)らを擁する強力打線を9回2失点に抑えた。

「大卒プロ入り」を掲げ、進学した早大1年春からリーグ戦に登板し、最速150キロを記録。一躍、プロのスカウト陣の注目を浴びた。順風満帆な日々だったが、3年当時に右肘痛を発症。以降は思うように投げられず、社会人のJX-ENEOS入り。再起を期したが、ようやく感覚を取り戻し、手応えを感じ始めた2年目の17年オフに戦力外通告。野球の道を断たれ、社業に専念することになった。

 しかし、ユニホームを脱いでも白球を置くことはなかった。「本当の最後の最後になって、いい感覚に少しずつ戻っていた」。天然ガスの営業マンとして働く傍ら、勤務後や出張先で練習を一人続けた。懸命な努力で全盛期を彷彿とさせる球速を取り戻し、復活を実感。「もう一度だけ、チャレンジしたい」。19年2月、有給休暇を使って米トライアウトに挑戦し、合格を掴み取った。

 入団したのは、2Aレベルといわれる強豪独立リーグ・キャナムリーグのニュージャージー・ジャッカルズ。安定した大企業を辞め、MLB、NPBに成り上がるという大志とともに6月1日、太平洋を渡った。春に伝えられていたのは、ここまで。その先に待っていた展開は、どんなものだったのか――。野球の本場で過ごした激動の107日間を振り返り、内田は少し懐かしそうに語り始めた。

「リーグ自体はMLB、マイナーの経験者が多く、若くてギラギラしているというより、上手い堅実な野球をする。チームメートに元メジャーは2人いたし、それ以外もマイナー組織を経験した選手ばかり。ユニホームを着て、グラウンドに立つのも1年半ぶりだったし、米国のエンジョイする野球の雰囲気も日本とは違った。そんな空気感を体験できることを含め、本当に楽しかったです」

 しかし、待っていた結末はあまりに残酷だった。チームに合流して、ほどなく「明日からロースターに入る」と告げられた。いよいよ迎えるデビューの時。ただ、おかしかったのは翌日だった。その日も「明日から」に先延ばしされると、また翌日も「明日から」と繰り返され、一向に待っていた「明日」が来ない。そんな日々が10日間ほど続いて、やっとロースター入りが実現した。

 毎日、「明日」にも来るかもしれない登板に備えた結果、強度の高い投げ込みができなかった。気づけば、結果的に2週間ほど、本格的な投球から遠ざかった。そんな状態で迎えた13日の初登板。フォームがバラバラでコースも定まらない。救援登板で四球に失策が絡んで失点が重なり、20日の2戦目も思うように抑えることができず。数日後、試合終わりにコーチから呼び出された。

「もうリリースするから。荷物をまとめてくれ」――。

1 2 3 4 5
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集