[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「世界2位の日本人」が求めた100m10秒台の走力 辿り着いたボルトとのトレーニング

大学時代にビーチフラッグスに出会った和田賢一は、競技歴3年足らずで日本チャンピオンになった。

和田賢一は速くなるため、走りを追究した【写真:小林靖】
和田賢一は速くなるため、走りを追究した【写真:小林靖】

【ビーチフラッグス・和田賢一が追求する“走りの技術論”|第1回】世界一への速さを求めて浮かんだ究極のアイデア

 大学時代にビーチフラッグスに出会った和田賢一は、競技歴3年足らずで日本チャンピオンになった。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 ビーチフラッグスとは、ライフセーバーが人命を救うために走力、技術を磨くことから発生した競技で、選手たちは砂浜で約20メートル先に立てられたフラッグとは逆方向でうつ伏せになり、スタートを告げる笛の音を聞き参加者より1本少ないフラッグを奪い合う。フラッグをつかめなかった選手が去り、必然的に最後は2人が1本を競い優勝者が決まるのだ。

 日本一になった瞬間に、和田の目標は世界一に変わった。当時有名アーティストのトレーナーを務め多忙だったが、出勤前後の早朝6時半と深夜の11時半から30分間で50回ずつ、近所の公園の砂場でスタート練習に励んだ。異様な光景を見かけた警官から何度か職務質問を受けたほどで、ざっと計算しても10万回以上は繰り返したことになる。

 さらにライフセービングを国技とするオーストラリアのゴールドコーストへ飛び、伝説の世界王者サイモン・ハリスが所属するクラブに5カ月間所属してトレーニングを積んだ。日本ではライフセービングが国技と言っても想像し難いが、例えば2度の五輪で5つの金を含む9個のメダルを獲得したイアン・ソープが、最初に目指した競技である。それほど身体能力自慢のアスリートたちが集結していく。テニスでグランドスラムが五輪以上の価値を持つように、ビーチフラッグスも全豪オープンが世界最高峰の水準を誇り、世界選手権をはるかに凌駕している。

 和田は、その全豪オープンで準優勝を果たした。公園で重ねたトレーニングの成果で、5メートルのスタートダッシュは際立っていた。だが世界で2番目まで上り詰めても、和田に達成感はなかった。

「ダッシュでリードしても、走りが負けている……」

 そう実感した和田は、片っ端から日本全国の陸上クラブや指導者に連絡を取る。当時和田の100メートルのベストはスタンディングスタートでの手動計時で11秒8。和田はなんとか10秒台で走りたいと訴えた。しかし返ってきたのは、判で押したように同じような答えだった。

「足が速いかどうかは才能だ」

「成長期を過ぎた26歳で足なんか速くならないよ」

1 2

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集