[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • コラム
  • ニュータイプの天才・池江璃花子はなぜ、なんでも速いのか 17歳の「体のヒミツ」

ニュータイプの天才・池江璃花子はなぜ、なんでも速いのか 17歳の「体のヒミツ」

水泳の世界選手権(ブダペスト)は今日23日から競泳が開幕。自国開催の20年東京五輪への試金石として絶好の力試しの機会となるが、男子のエース・萩野公介とともに期待されるのが、女子の池江璃花子だ。

【短期連載第4回】元五輪代表・伊藤華英さんが語るJKスイマーの凄さ「剛と柔」

 水泳の世界選手権(ブダペスト)は今日23日から競泳が開幕。自国開催の20年東京五輪への試金石として絶好の力試しの機会となるが、男子のエース・萩野公介とともに期待されるのが、女子の池江璃花子だ。

 弱冠17歳ながら、自由形とバタフライを合わせて5つの日本記録を持つ、日本競泳界が誇る天才少女。4月の日本選手権では女子としては史上初の5冠を達成し、今大会はリレーを含め、6種目にエントリーしている。

 どんな泳ぎでも速い。池江璃花子を天才たらしめているものとは一体、何なのだろうか。北京五輪、ロンドン五輪代表の伊藤華英氏によれば、体にヒミツがあるという。

「フィジカル的に言えば、肩がすごく柔らかい。それが一番です」

 170センチを誇る長身。競泳選手として恵まれた肉体であることは間違いないが、伊藤氏によれば、とりわけ優れているのは「肩甲骨」だという。

「肩甲骨の使い方が抜群にうまい。彼女の場合、小さい頃から雲梯をしていたということもあって、柔らかさがあって力強い印象です」

「柔らかさ」と「力強さ」――。相反する2つの「剛と柔」を持ち合わせることで、どんなメリットがあるのか。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー