[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「○○2世」報道の善し悪し 「佑ちゃん2世」と「由伸2世」と呼ばれた男たちの本音

アマチュア球界で異端の道を歩んだ2人の25歳がいる。内田聖人と谷田成吾。内田は早実、早大で甲子園出場、大学日本一、谷田は慶応から慶大で世代別日本代表など、輝かしい実績を持つ。社会人野球の名門・JX-ENEOSではチームメートとして都市対抗出場を目指し、汗を流した。そんな2人は昨年から今年にかけ、人生をかけたチャレンジに挑み、大きなターニングポイントを迎えた。

谷田成吾(左)と内田聖人は「○○2世」報道の功罪について話した【写真:編集部】
谷田成吾(左)と内田聖人は「○○2世」報道の功罪について話した【写真:編集部】

「内田聖人&谷田成吾対談第5回」―呼ばれた当事者が思う「○○2世」報道の功罪

 アマチュア球界で異端の道を歩んだ2人の25歳がいる。内田聖人と谷田成吾。内田は早実、早大で甲子園出場、大学日本一、谷田は慶応から慶大で世代別日本代表など、輝かしい実績を持つ。社会人野球の名門・JX-ENEOSではチームメートとして都市対抗出場を目指し、汗を流した。そんな2人は昨年から今年にかけ、人生をかけたチャレンジに挑み、大きなターニングポイントを迎えた。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

【第1回】なぜ、大企業を辞めて米国へ 異端のアマ選手2人が「もったいない」と言われた選択

【第2回】「レールを外れる」という選択 米国挑戦した早慶出身の2人はどう周囲の理解を得たか

【第3回】なぜ、エリートが生まれる? 野球部で過ごした2人が思う「早慶の体育会」の強さ

【第4回】早慶戦は格別?やっぱり就職に強い? OB2人の本音「早慶の体育会」で良かったこと

 内田は故障の影響で17年限りで社会人を戦力外になって以降、野球の道を捨てず、天然ガスの営業マンとして社業に勤しむ一方、個人でトレーニングに励んだ。結果、自身でも驚くような復調を遂げ、今年2月から1か月、米国に渡り、トライアウトに挑戦。米強豪独立リーグと契約を勝ち取り、会社を退社して今月から米国に渡る。最大の目標は、MLBもしくはNPBで成り上がることだ。

「由伸2世」の異名で知られた谷田は昨年3月にJX-ENEOSを退社。MLBトライアウトに挑戦し、複数のメジャー球団から声がかかり、テストを受けた。惜しくも契約はならず、以降は日本で四国IL徳島でプレー。NPBドラフトを目指したが、指名は叶わず。25歳で潔く現役引退を決断。今年1月から六本木のIT企業に入社し、ビジネスの世界で成功を目指して第二の人生をスタートさせた。

 2人が対談したら面白いのでは? そんな経緯から米国挑戦の背景から2人が育った早慶野球部の秘話、現在の野球界に思うことまで本音で語り合った。第5回のテーマは「『○○2世』報道」。かつて「佑2世」「由伸2世」という肩書がメディアに躍った経験がある。アマ球界では頻繁にみられることだが、当事者2人は何を思うのか。そう呼ばれて得したこと、損したこととは――。

 ◇ ◇ ◇

――「○○2世」と呼ばれた2人。内田は高2で甲子園に出場し、3年で背番号1を着けた際にはOB斎藤佑樹(現日本ハム)になぞらえ、一部で「佑ちゃん2世」と書かれた。

内田「自分は谷田に比べ、そんなに呼ばれてないけど(笑)。でも、何も思わなかったかな。斎藤さんに憧れて早実に入ってきたので、比較してもらえるのは純粋に嬉しかったけど、斎藤さんは“王子タイプ”で、自分は全く違う。書いてくれるのはありがたかったし、比較対象に挙げてもらえるレベルまで来たのは嬉しかったけど、そう呼ばれたいとかは別になかった。周りの反響も高校生だったから、あまり意識もしなかった。もちろん、斎藤さんのことは尊敬しているけど、何よりおこがましいですし」

――谷田は慶大OB高橋由伸(前巨人監督)になぞらえ、「由伸2世」の異名がついた。初めて呼ばれたのは。

谷田「確か、高校の頃……。(慶応の)高3だったかな」

内田「でも、高橋さんは桐蔭学園出身じゃない?」

――同じ「KEIO」のユニホーム、外野手で左打ちのスラッガーという共通点から生まれたようだ。

谷田「それまでも『由伸2世』と呼ばれている選手がいたので『自分は何世なんだろう』とは思いました(笑)」

――実際に呼ばれて得したこと、損したことはあるか。

谷田「得したことはいろんな人に注目してもらえるきっかけになったこと。スポーツ選手として注目されることは大変ありがたい。悪かったことは必要以上に叩かれたり、本来受ける必要ない罵声を浴びせられたり。でもその分、応援してくれる人がいるし、良かったことの方が多い。いかに叩かれたかより、いかに応援してくれたかの方が大事。呼んでもらって良かったと思っている」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集