[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

斎藤佑樹に憧れた早実「背番号1」が米挑戦 ガス営業マン生活で覚醒した“奇跡の物語”

「WASEDA」のユニホームで7年間戦った【写真:本人提供】
「WASEDA」のユニホームで7年間戦った【写真:本人提供】

1か月にわたる米挑戦、前例なき道の原点は「斎藤佑樹」に憧れた早実

 13日から3月14日まで1か月、戦いに出る。最初の9日間はフロリダで行われるベースボール・スカウティング・リーグ(BSL)に参戦。参加者でチームを編成し、実戦形式のトライアウトとなる。続いて約3週間、アリゾナを中心に行われるアジアン・ブリーズに転戦。1つのチームとしてMLBマイナー、米独立リーグ、メキシカンリーグと戦い、メジャーなどのスカウト陣にアピールする。

【特集】「跳ぶと絶対に笑顔になれる」 第一人者が語るトランポリンの魅力 / トランポリン 廣田遥さん(GROWINGへ)

 武器は強さを増した直球に、落差のあるフォーク。「大谷投手、田中投手を見ていてもアメリカでは落ちる球がカギになっている」とイメージを膨らませる。1年間、フォームを見直す過程でスライダーも使えるようになった。ただ、将来のメジャーリーガーを目指した猛者が各国から集ってくる。しかも、自身は実戦から離れている身。当然、厳しさは理解しているが、しかし――。

「社会人時代に投げ方がわからず、でも未練があるから……という形だったら行けないけど、自分の実力で挑めるところまで来られた。野球がダメになっても、死にはしない。結婚もまだない。それなら、もう少し自分の人生で挑戦してもいい。あと2年、好きなように自分の人生を生きてもいいのかなと。だから、まずはアメリカで成り上がることに挑戦してみたい」

 今回は有給休暇を使って1か月間を過ごし、現地でプレーする道を模索。その後はNPB挑戦も視野に、野球を続ける環境を求める。1年間、サラリーマンを経て、学ぶこともあった。「自分でアポを取り、話を聞いてもらうの繰り返し。一つのモノを売ることがどれだけ大変なのか」。会社に申し訳なさを感じながら、最後は背中を押してくれた。応援してくれる存在が覚悟をより深めた。

JX-ENEOS時代の挫折をバネに再起を目指す【写真:本人提供】
JX-ENEOS時代の挫折をバネに再起を目指す【写真:本人提供】

 前例のない挑戦でも構わない。原点は「都の西北」にある。文武両道の学校で野球をやりたいと思い、早実の存在を知った。中1で斎藤が夏の甲子園で優勝した時、「こんな強いチームなのか。斎藤さん、カッコイイな」と憧れた。入学すると、自分たちで練習メニューを考え、実践するスタイルに驚いた。自立と自律が求められる環境で思考力を磨き、早大まで7年間の時を過ごした。

「だから、アメリカ行こうなんて思うのかな」と笑う。斎藤を始め、清宮幸太郎(日本ハム)、重信慎之介(巨人)らを育てた恩師の和泉実監督には「お前はそういうヤツだから」と笑われたが「やるだけやれ。お前だけの人生じゃなくなった時は考えろ。迷惑をかける会社にもしっかりと尽くせ」と温かいエールを送られた。出発は明日13日。「WASEDA」の魂とともに、太平洋を渡る。

「もちろんプレーヤーとしてはアメリカのメジャーリーガー、日本のプロ野球選手になりたいのは大前提。その区切りは2年間に決めた。でも、きっと野球は自分に一生ついて回ると思う。いずれ、野球に関わる何かをしたい。仕事か、ボランティアかは分からない。ただ、その可能性を広げるために行く意味もある。1か月、向こうでやることが大きいものになるし、大きいものにしたい」

 アマ球界のエリート街道から一転、どん底を味わいながら、人知れずに這い上がろうとする24歳。サラリーマンから野球で米国へ。前例はない。しかし、「挑戦」は若さの特権でもある。己の右腕一本で未来を切り開くため、内田聖人は野球の母国に飛ぶ。

1 2 3 4
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プロ野球開幕、徹底ライブ中継に見逃し配信も
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集