[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「長谷部誠を凌ぐ天才」の今 “突き抜ける個”が育つサッカースクールで挑む「世界」

かつて「長谷部誠を凌ぐ天才」と謳われた逸材が今、福岡を拠点にして第二の人生を送っている。「遠いところまで来てもらって、すみません」。会うなり、現役当時と変わらない端正な顔に笑みを浮かべて頭を下げたのは、馬場憂太さん。抜群のテクニックと高い得点能力を武器にしてFC東京などで活躍し、世代別の日本代表にも名を連ねた攻撃的MFだ。

ジュニア向けスクールを立ち上げ、指導を展開している馬場憂太さん【写真:荒川祐史】
ジュニア向けスクールを立ち上げ、指導を展開している馬場憂太さん【写真:荒川祐史】

元FC東京・馬場憂太さん、34歳の知られざる第二の人生の挑戦物語

 かつて「長谷部誠を凌ぐ天才」と謳われた逸材が今、福岡を拠点にして第二の人生を送っている。「遠いところまで来てもらって、すみません」。会うなり、現役当時と変わらない端正な顔に笑みを浮かべて頭を下げたのは、馬場憂太さん。抜群のテクニックと高い得点能力を武器にしてFC東京などで活躍し、世代別の日本代表にも名を連ねた攻撃的MFだ。

【PR】大谷翔平が復帰間近! 野球を観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施

 そんな34歳は「LUPINUS(ルピナス)サッカースクール」というジュニア向けスクールを立ち上げ、指導を展開している。しかし、引退後のキャリアをトップ層の指導ではなく、ジュニア世代の才能発掘に捧げるのはなぜなのか。拠点とする天神の商業ビルの屋上にあるフットサルコートに足を運ぶと「天才」と呼ばれた男の知られざる挑戦物語が語られた。

「最初から子供たちに教えることに興味があったわけではなかったんです。ただ、引退後にFC東京の初蹴りに行ったら『クラブのユース出身プロ第1号なんだし、今まで憂太みたいな選手は今の今も育って出てこない。上手い選手が育つようにFC東京(の普及部)でコーチとして手伝ってもらえないか』と熱い言葉で誘いを受けたことがきっかけで始めることになった。子供は大好きだったし、普及年代に何をするかで将来的な技術も変わって来てしまう。中高生になって、あれこれ教えても技術的な所を身につけるのは遅い。だからこそ、自分が培ってきた技量、真似できないアイデアを伝えてあげられたらなと」

 FC東京ユース時代にクラブユース選手権で得点王&MVPを獲得し、日本一になるなど非凡な才能を発揮した馬場さん。クラブ初のトップ昇格を果たし、U-19からU-20にかけて世代別代表を経験。同い年の長谷部より注目を浴び、将来は日本を背負う存在になると期待を受けた。しかし、フル代表には届かず、その後は千葉、山形、東京V、韓国・大田を経て、13年に29歳の若さで引退した。

 一方、かつて一緒に戦った長谷部は浦和で主力に成長し、ドイツに移籍。日本代表でも不動の存在となり、W杯に3大会連続出場し、押しも押されもしない日本代表の中心選手となっていた。第二の人生を考える際、実は転機になったのが引退翌年、その長谷部に言われたひと言だった。14年ブラジルW杯直前、練習パートナーとして本人にトレーニングに誘われ、ともに汗を流していた。

「その時に言われたんです。『憂太、スクール立ち上げれば?』って。引退後はヨーロッパを巡っていろんなことを考えながら時間を過ごし、焼き肉屋をやろうかなと思ったり、弟(徹)が俳優だから自分も行こうか考えたり(笑)。ちょうど悩んでいた頃に『憂太がやるスクールがいいんじゃない?』って。それが大きなきっかけになりました」

 持ち前の明るさで、面倒見もいい。何より、選手として持っている才能はピカイチだった。そんな素養を長谷部は見抜いていたのかもしれない。ひょんなひと言から、漠然とした未来に一本の道がくっきりと浮かび上がった。準備期間を経て、川崎にスクールを立ち上げたのは17年。そして、昨年4月からは福岡校を開校した。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
GW世界最高峰のサッカーがDAZN独占
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集