[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渡邊雄太、NBAデビューから3か月の今、本契約を勝ち取るための本当の課題とは?

NBAのプレシーズン戦でプロキャリア開始してから約3ヶ月――。メンフィス・グリズリーズと2ウェイ契約を結んだ渡邊雄太は、米国の地で揉まれながら確実に力をつけている。

NBAで奮闘中の渡邊雄太【写真:AP】
NBAで奮闘中の渡邊雄太【写真:AP】

本契約を勝ち取るために必要なものは?

 NBAのプレシーズン戦でプロキャリア開始してから約3ヶ月――。メンフィス・グリズリーズと2ウェイ契約を結んだ渡邊雄太は、米国の地で揉まれながら確実に力をつけている。

【PR】大谷翔平が復帰! 野球を観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施

 ここまでNBAでは3戦に出場し、さらにGリーグではハッスルの一員として15試合で平均12.9得点、8.0リバウンド、1.3ブロックという優れた成績をマーク。攻守両面で貢献するオールラウンダーとして、将来性への評価は高い。そんな渡邊の総合力の高さは、2019年の初戦となった1月3日のハッスル対ストックトン・キングス戦でも発揮された。

「1試合1試合が本当に大事な中で、今日みたいなゲームは許されない。今日の負けは自分の責任かなと思っています」

 この日の渡邊はFG3/9、3ポイントシュートは0/4とシュートタッチが悪く、100-103で敗れた試合後にはそう語って反省していた。ただ、得点こそ7点に終わったものの、得意のディフェンスは安定感たっぷり。チーム最多の10リバウンドもゲットし、縁の下の力持ちの役割を果たしていた。ハッスルには身長身長6-9(205.7センチ)以上の選手が6人も属しているが、10戦以上出場している中では渡邊がチーム1位のリバウンドを掴んでいることは特筆されて良い。

「10リバウンドを取ったし、ディフェンスも良くやってくれた。得点が少なく、シュートが決まらないからといって、良いプレーをしていないということにはならない。ユウタは私たちが必要とすることをやってくれていた」

 ハッスルを率いるブラッド・ジョーンズHCの試合後のそんな言葉は、身びいきばかりではなかったはずだ。シュート不振にも関わらず、ジョーンズHCは渡邊にチーム2位の37分59秒というプレー時間を与えたことがその信頼を物語る。昨年12月20日以来の実戦のためか、リズムを掴めずに苦しんでいる感はあったものの、得点以外の様々な面で貢献する姿はプレイヤーとしての成熟を感じさせた。

1 2

杉浦 大介

1975年、東京都生まれ。高校球児からアマボクサーを経て、フリーランスのスポーツライターに転身。現在はニューヨーク在住で、ボクシング、MLB、NBAなどを題材に執筆活動を行う。主な著書に「日本人投手黄金時代 メジャーリーグにおける真の評価」(KKベストセラーズ)、「イチローがいた幸せ」(悟空出版)。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
F1 F2 F3 全部観られるのはDAZNだけ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集