[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渡邊雄太、NBAデビューから3か月の今、本契約を勝ち取るための本当の課題とは?

ディフェンス面はすでにNBAレベルも、課題は「シュート力の向上」

 そんな渡邊は、2019年をどんな年にしていきたいのか。今後に目指すべきは、やはり「NBAの本契約ゲット」「NBAでのローテーション入り」だという。ただ出場するだけでなく、日本人選手としては前人未到と言える“戦力としてのNBA定着”が大目標となるのだろう。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

「そのためにはもっとシュート力を上げなければいけません。Gリーグでも最近はシュートの確率が落ちている。3ポイントシュートを安定して決められるようになってくれば、コーチももっと僕を使いやすくなってくると思います。そして、ディフェンス面でもさらに成長しなければいけませんね」

 いつもながら冷静な本人の分析通り、渡邊にとって今後の鍵となるのはロングジャンパーの精度向上だ。サビつきが感じられた2日のゲームで決まらなかったのは仕方ないが、Gリーグでのシーズン全体で見ても、FG成功率41.3%、3ポイント成功率31.6%は及第点とは言い難い。ディフェンス、リバウンドはすでに十分にNBAレベルに思えるだけに、あとはフリーで放つジャンパーをより高確率で決めたいところ。それさえできれば、いわゆる“3-D”のスペシャリストとしての価値は高まる。

 渡邊にとって、「ロングジャンパーの精度向上」がポイントになるのはこれが初めてではない。思い出されるのはジョージ・ワシントン大での4年生時。この年もシーズン全体での3ポイントシュート成功率は36.4%に過ぎなかったが、シーズンが進むごとに成績を向上させ、最後の8戦は43.2%という高数値だった。

 この成長ぶりがNBAスカウトたちに好印象を植え付け、卒業後に多くのチームからワークアウトに招待されることに繋がった。その時と同様、シーズン中盤からペースを上げられるかどうか。年齢的にも伸び盛りの24歳。プロとしての逞しさを感じさせるようになった今の渡邊なら、今後に数字を引き上げることは十分に可能なはずである。

(杉浦 大介 / Daisuke Sugiura)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

1 2

杉浦 大介

1975年、東京都生まれ。高校球児からアマボクサーを経て、フリーランスのスポーツライターに転身。現在はニューヨーク在住で、ボクシング、MLB、NBAなどを題材に執筆活動を行う。主な著書に「日本人投手黄金時代 メジャーリーグにおける真の評価」(KKベストセラーズ)、「イチローがいた幸せ」(悟空出版)。

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集