[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

小林陵侑は「半端ない存在」 ジャンプ週間V3にライバル白旗「とにかく桁違い」

ノルディックスキーのW杯個人第10戦を兼ねたジャンプ週間第3戦、インスブルック大会(オーストリア)が4日、行われ、日本のエース小林陵侑(土屋ホーム)が1回目最長の136.5メートル、2回目も最長タイの131メートルで圧勝。今季、通算とも7勝目で、日本男子初のW杯4連勝を飾った。あまりに圧倒的な勝利にライバル陣営は早くも白旗。「今のリョウユウは半端ない存在」と称賛している。

史上3人目の完全Vに王手の小林陵侑【写真:Getty Images】
史上3人目の完全Vに王手の小林陵侑【写真:Getty Images】

圧倒的な強さでW杯4連勝、ドイツ選手も脱帽

 ノルディックスキーのW杯個人第10戦を兼ねたジャンプ週間第3戦、インスブルック大会(オーストリア)が4日、行われ、日本のエース小林陵侑(土屋ホーム)が1回目最長の136.5メートル、2回目も最長タイの131メートルで圧勝。今季、通算とも7勝目で、日本男子初のW杯4連勝を飾った。あまりに圧倒的な勝利にライバル陣営は早くも白旗。「今のリョウユウは半端ない存在」と称賛している。

【特集】「サッカーを楽しむ」は今も― “炎の守護神”が現役生活で教えられたこと / サッカー 川口能活氏(GROWINGへ)

 22歳の勢いが止まらない。圧倒的なジャンプで2位以下を引き離し、ジャンプの祭典「ジャンプ週間」3連勝を達成。日本人では97-98年シーズンの船木和喜(フィット)以来、日本人史上2人目の総合優勝へ大きく前進した。

 大会を放送する衛星放送局「ユーロスポーツ」ドイツ版によると、早くもライバルのドイツ陣営は白旗を掲げている。総合2位につけるマルクス・アイゼンビヒラーはこうコメントしている。

「今のリョウユウは半端ない存在。とにかく桁違いに強いことは素直に認めないといけない。それができない人はちょっと頭がおかしい」とお手上げ状態で称賛。さらにドイツチームのウェアナー・シュスターHCも「コバヤシの1本目みたいなジャンプを超えるようなのはめったに見たことない。ただ脱帽するしかない」と素直に称えている。

 無敵の快進撃を続けている日本のエース。ジャンプ週間のグランドスラム達成もはっきりと視界に捉えた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
F1 F2 F3 全部観られるのはDAZNだけ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集