[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

小林陵侑の覚醒を知っているか 欧州が「別の惑星の人間」と慄く、えげつない強さ

W杯第3戦の表彰式で本家本元フィンランドのサンタさんからも祝福【写真:小林幸帆】
W杯第3戦の表彰式で本家本元フィンランドのサンタさんからも祝福【写真:小林幸帆】

欧州実況も慄いた一本のジャンプ、「ありえない! 別の惑星の人間だ」と絶叫

 彼が一躍その名を知らしめることになったのが第3戦、ジャンプ台記録に並んだ一本だ。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 これを、ドイツ「EUROSPORT」は「コバヤシがジャンプ界に衝撃を与える」との見出しで伝え、番組公式ツイッターでは実況中の動画も公開。さぞたまげていたことと思いきや、「おーっ。高いっ! アイヤイヤイヤイヤヤッッ!! ブァッハハッハッハッハ。ありえん…センセーショナル!」と、響いたのは豪快すぎる笑い声。

 ノルウェー公共放送「NRK」も驚き通り越して大笑い、オーストリア公共放送「ORF」は「あぁあありえない! リョウユウ・コバヤシに一体なにが! 別の惑星の人間だ」と絶叫していた。

 ジャンプ強豪国をここまで仰天させたのは、圧倒的に不利な条件もお構いなしにぶっ飛んでいったから。飛び過ぎると着地エリアの傾斜がなくなり転倒リスクが高まる。そのため、助走速度を落として飛距離を抑えるべく、コーチの判断でスタート位置を下げることが認められている(※この場合、補正の加点がつく)。宮平秀治ヘッドコーチは2段下げたが、まるで意味なし。これ以上飛んだら危険とされるヒルサイズ142メートルをあっさり超えていってしまった。

 小林陵はシーズン前に“飛び過ぎて”左膝を痛めており、11月18日の第1戦(ポーランド)では断トツ最長の137.5メートルをマークしながら、着地でバランスが取れずお手つき。転倒扱いとなり、飛型点で大減点を食らった結果、初優勝がお預けになったばかり。それもあって、宮平ヘッドコーチは無事に着陸し優勝したのを確認すると胸をなでおろし、「2段下げたのに、飛び出した瞬間にあぁっっまずいっっって!!!」とまくし立てていたが、本気で寿命が縮む思いをしたはず。

「今季は優勝できると思っていた」と言うほど自信を持って迎えた開幕。大化けの理由は、夏に助走の姿勢をノルウェーのトップ選手を参考に微調整したことにある。ジャンプにはスタート、助走、踏み切り、空中、着地などの要素が絡むが、宮平ヘッドコーチによると85~90%は助走で決まるという大事なポイント。それをYoutubeでモノにしてしまえるのは「体育は(ずっと)『5』だった」という高い運動能力ゆえ。

1 2 3 4
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集