[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • コラム
  • 子供はどう褒めれば伸びるのか 元五輪ランナーと敏腕教育者が考える“教える”の価値

子供はどう褒めれば伸びるのか 元五輪ランナーと敏腕教育者が考える“教える”の価値

神奈川にある小学校が今、脚光を浴びている。LCA国際小学校。日本でも稀な、株式会社が運営する私立校だ。単なるインターナショナルスクール的な学校というわけではない。同校がこだわっているものが、“本物”だ。その一環として、画期的な新たな取り組みが始まった。

元五輪スプリンターに“本物”の教えを学校で受けられるというカリキュラムを組むLCA国際小学校【写真:編集部】
元五輪スプリンターに“本物”の教えを学校で受けられるというカリキュラムを組むLCA国際小学校【写真:編集部】

アテネ五輪代表・伊藤友広氏、日本初の株式会社立小学校学園長・山口紀生氏が対談

 神奈川にある小学校が今、脚光を浴びている。LCA国際小学校。日本でも稀な、株式会社が運営する私立校だ。教育の理念の一つは「日本語と英語を自由に使いこなし、良好なコミュニケーションを取りながら、世界を舞台に活躍できる人間の育成を目指す」とある。バイリンガルスクールで、外国人の担任が授業の大半を英語で行う。しかし、単なるインターナショナルスクール的な学校というわけではない。同校がこだわっているものが、“本物”だ。

 その一環として、画期的な新たな取り組みが始まった。アテネ五輪1600メートルリレー4位の伊藤友広氏が体育の授業を受け持ち、定期的に指導を行っていく。伊藤氏といえば、スプリント指導のプロ組織「0.01」を主宰し、陸上界で脚光を浴びているプロスプリントコーチ。小学生を中心とした子供世代を対象としたかけっこ教室を全国で展開してきた。元五輪スプリンターに“本物”の教えを学校で受けられるという、なんとも豪華なカリキュラムである。

 LCA国際学園の創始者でもある学園長は山口紀生氏。78年に大学卒業後、公立小学校で教師としてキャリアをスタートさせたが、85年に私塾「LCA」を設立。英語教育に携わり、91年に株式会社エル・シー・エーを設立。08年に「LCA国際小学校」として文科省から認可を受け、日本初の株式会社立小学校校長に就任した。1クラス20人の少人数制のきめ細やかな指導で、毎年多くの名門中学に卒業生が羽ばたいていっているが、今回、伊藤氏を指導者に招いた。

 ともに異色のキャリアを誇る2人が、このほど対談を実施。同校の教育事業全体を網羅するマネージャーでサッカーの名門海外クラブのジュニアコーチも務めていた今井洋介氏も加わり、スポーツと教育という分野から“人を育てる”というテーマについて語り合った。前編の今回は「指導における『褒める』の価値」について話が白熱した。

 ◇ ◇ ◇

山口「本日はよろしくお願いします。まずは本学園の成り立ちからお話ししましょう。そもそも、私は小学校の教師でスタート。6年間、公立の小学校でやっていました。その中にはルールが多く、やっちゃダメなことだらけ。やりたいことが言えない子が育っていると感じました。そこで勉強とアウトドアの遊びを教える塾を始めたのです。山中湖まで自転車で行って、テントを張って、ブラックバスを釣って……。そんなところから始まり、海外で同じような取り組みをやったことが英語との出会い。英語を話せるようにするにはどうしたらいいかと考えて、英会話学校を作ったり、今話題の英語村もやりました。結局、学校教育を変えるべきだと思い、フリースクールから始まり、特区制度を利用して認可をとり、小学校を作ったのです。

 小学校の教師を辞めて、やりたかったのは人間教育でした。どう人間を育てるかというテーマを本気でやりたかったのです。そこに途中から英語が加わってきた。人間教育という部分で伊藤さんとつながるのは、本物にこだわっていること。うちの廊下に飾っている絵はすべて本物。印刷物は一つもありません。年に何回かコンサートを開いて、音楽、英語劇、バレエ……とにかく本物を見せます。そんな中で、こうして伊藤さんと縁があって“スポーツの本物”もいいのではないかと。ただスポーツが強くなっても、ただ読書をいっぱいしても人間は育ちません。意識して人間を育てる、意識してスポーツをするということをしないと、人間的にも成長できないのではないかと思っていました」

1 2 3 4

伊藤 友広

国際陸上競技連盟公認指導者資格(キッズ・ユース対象)。

高校時代に国体少年男子A400mにて優勝。アジアジュニア選手権の日本代表に選出され、400m5位、4×400mリレーではアンカーを務め優勝。国体成年男子400mで優勝。アテネ五輪では4×400mに出場。第3走者として日本過去最高順位の4位入賞に貢献。元200メートル障害アジア最高記録保持者の秋本真吾氏とともにスプリント指導のプロ組織「0.01」を主宰し、全国の子供たちを対象としたかけっこ教室などを手掛けている。
http://001sprint.com/

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー