[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【パンパシ水泳】NO1ブレーク候補、幌村尚 マイペースな19歳が放つ魅力「決勝じゃないとやる気が…」

小学校時代の通学で鍛えた下半身が開花の下地

「とにかく大きな泳ぎで泳ぐこと。意識していたのはこれだけです。普段の練習量はそんなに多くない。1日3、4000mしか泳いでいません。でも泳ぎの質だったり、泳ぎを良くしたりとか、そういうところは1番重要視して練習してました」

“量より質”を地で行く幌村の練習法。だが新星の開花の要因はそれだけではない。幼少期から自然と鍛えられた下半身にもその秘密があった。

「小学校の時、片道歩いて1時間かけて通学していました。往復2時間ですね。すごい田舎だったので坂道も多かった。ちょっと“野生”みたいな感じですね。中高は自転車だったんですけど、友達と競い合って帰ったりしていたので、そういうところで下半身が強化されたのかもしれません。下半身もそうなんですが、どこかを中心に、筋力アップのためにウエートトレをあまりやってなくて、泳いでいる中で、気づいたら色々な人にすごいと言われるようになっていました。だから鍛えている感覚はないんです」

 山道を駆け回って自然とついた筋力がバックボーンとなり、日本トップクラスのスイマーとなった。200mバタフライは、日本勢は五輪で過去4大会連続でメダルを獲得している得意種目。その系譜に名を連ねる19歳は、目前のパンパシ水泳、そして2年後に迫った東京五輪へ向けて、静かに闘志を燃やした。

「これから2バタ(200mバタフライ)は世界的にもレベルが高くなって、今のタイムじゃ世界一には届かないと思うので、世界記録も視野に入れつつ頑張っていければなと思います。日本記録の更新と金メダル獲得できるように、これからのトレーニング積んでいければいいかなと思います」

 ひょうひょうとした中に、時折覗く強い意志。新世代のエース候補が、パンパシの舞台で大きな輝きを放つことになるかもしれない。

(明日4日の第17回は清水咲子が登場)

◇パンパシ水泳、テレビ朝日系列で連日中継 パンパシ水泳は8月9日に開幕し、テレビ朝日系列では最終日まで4夜連続ゴールデンタイムで放送(9、10日は一部地域除く)。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集