[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • コラム
  • 熊谷紗希、子供たちに伝えた「誰にも負けない練習」をするより大切なこと

熊谷紗希、子供たちに伝えた「誰にも負けない練習」をするより大切なこと

サッカーの女子日本代表、なでしこジャパン主将・熊谷紗希(リヨン)が7日、千葉市の「ZOZO PARK HONDA FOOTBALL AREA」で開催された「ソルティーロスペシャルクリニック」に出演した。

「ソルティーロスペシャルクリニック」に出演した熊谷紗希【写真:山田智子】
「ソルティーロスペシャルクリニック」に出演した熊谷紗希【写真:山田智子】

なでしこジャパン主将が「ソルティーロ」サッカー教室に参加

 サッカーの女子日本代表、なでしこジャパン主将・熊谷紗希(リヨン)が7日、千葉市の「ZOZO PARK HONDA FOOTBALL AREA」で開催された「ソルティーロスペシャルクリニック」に出演した。

 ワールドカップ(W杯)ロシア大会に出場した日本代表MF本田圭佑がプロデュースするサッカースクール「ソルティーロ ファミリア サッカースクール」が主催するこのクリニックは、今回で7回目。ソルティーロの「なでしこ選手の育成への貢献」という思いと、ソルティーロなでしこアドバイザーである熊谷の「自身の経験を未来のなでしこ選手に伝えたい」という思いが重なり、毎年、熊谷のオフの時期に開催されている。

 毎回人気のこのクリニックには、ソルティーロのなでしこ選手と公募により集まった約40人の小・中学生が参加。今回はディフェンスをテーマに、なでしこジャパン不動のセンターバックである熊谷が実演を交えて指導すると、選手は目を輝かせてプレーに見入っていた。

 低学年クラスでは、鬼ごっこなどを交えながら、小さな子どもにも分かりやすく「前でディフェンスすること」の大切を伝えた。熊谷も加わって行われたゲームで、熊谷に果敢に挑んでいた鹿野吹(かの・ふき)さん(小2)は、「楽しかった。熊谷選手はとても強くて何度もボールを取られてしまった。今日教えてもらった、前で取るディフェンスをこれからも頑張って、将来はサッカー選手になりたい」と笑顔。

1 2

山田 智子

愛知県名古屋市生まれ。公益財団法人日本サッカー協会に勤務し、2011 FIFA女子ワールドカップにも帯同。その後、フリーランスのスポーツライターに転身し、東海地方を中心に、サッカー、バスケットボール、フィギュアスケートなどを題材にしたインタビュー記事の執筆を行う。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー