[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

伊藤美誠、実は「どん底」だった五輪金メダル後 「パリ五輪優勝」と言えなかった日々【世界卓球】

世界卓球団体戦(テレビ東京系&BSテレ東で連日放送)が30日に中国・成都で開幕する。新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、4年ぶりの開催となる世界最強国決定戦。男女別に行われ、日本は男子4人、女子5人が代表に名を連ねた。「THE ANSWER」では開幕4日前から当日まで連載を実施。日本代表全選手の想いを伝え、大会を盛り上げる。

3大会連続銀メダルから悲願の金メダルを狙う伊藤美誠【写真:Getty Images】
3大会連続銀メダルから悲願の金メダルを狙う伊藤美誠【写真:Getty Images】

「世界卓球・日本代表連載」、開幕まであと4日―第1回は伊藤美誠

 世界卓球団体戦(テレビ東京系&BSテレ東で連日放送)が30日に中国・成都で開幕する。新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、4年ぶりの開催となる世界最強国決定戦。男女別に行われ、日本は男子4人、女子5人が代表に名を連ねた。「THE ANSWER」では開幕4日前から当日まで連載を実施。日本代表全選手の想いを伝え、大会を盛り上げる。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 26日の第1回は伊藤美誠(スターツ)が登場。東京五輪では金、銀、銅のメダル3つを獲得した女子のエースは、モチベーションの維持に苦悩してきた。3大会連続銀メダルから悲願の金メダルを狙う今大会。チームを「全勝」で引っ張る覚悟を見せた。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平、協力=テレビ東京)

 ◇ ◇ ◇

 苦しみながら前を向いてきた。金メダルなら1971年大会以来51年ぶりの快挙となる日本女子。団体戦は3大会連続出場の伊藤が燃えている。

「自分が一番ハラハラドキドキさせてしまうかもしれないですけど、みんなでカバーしながら試合をしたいです。私自身の目標はやっぱり全勝で終えたい。そこでしっかり自信をつけて、またオリンピックを目指したいと思っています」

 快挙の後、実は人知れずもがいていた。昨年の東京五輪はシングルスで銅、女子団体で銀、水谷隼と組んだ混合ダブルスで日本卓球界初の金。以降は11月の世界卓球個人戦にも出場した。早田ひなと組んだダブルスは準優勝だった一方、シングルスは準々決勝敗退。持ち前の負けん気の強さが影を潜め、どこか気持ちが入りきらずにいた。

「意識の問題ですが、(東京五輪以降は)大きな目標を立てていませんでした。練習でも世界選手権のために頑張ろうと思えたけど、頑張ることはできても長続きしない。小さい頃から大きな目標を立てることで、『この大会で優勝したい』と一つ一つの目の前のことに集中できる状態になれたと思います。

 でも、目の前すぎて逆に努力できないというか、練習量も確実に減りました。練習をやっていないと自信が少なくなってくる。『これだけやった』とは言えないので、試合をしていても経験だけでやっている感じでした。もちろん負けは悔しいです。ただ、どうやってスイッチを入れるかわからなかった」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集