[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

指名漏れから1年、「久留米のギータ」は四国の本塁打王に 23歳井上絢登のNPBへの渇望

10月20日に行われるプロ野球ドラフト会議で、異例の10年連続指名がかかる独立リーグ球団がある。四国アイランドリーグplus・徳島インディゴソックス。多くの名門大学、社会人チームを凌ぐ、驚異のNPB輩出率を誇るチームには、今年も多くの原石が揃う。「THE ANSWER」はその中から、注目選手4人をピックアップ。第1回は23歳・井上絢登外野手。昨秋のドラフト会議で指名漏れを味わった男は、持ち前のフルスイングでNPB入りを目指している。(取材・文=THE ANSWER編集部・神原 英彰)

「久留米のギータ」と呼ばれたフルスイングが持ち味、徳島インディゴソックスの井上絢登【写真:徳島インディゴソックス提供】
「久留米のギータ」と呼ばれたフルスイングが持ち味、徳島インディゴソックスの井上絢登【写真:徳島インディゴソックス提供】

徳島インディゴソックス NPBドラフト注目選手特集第1回・井上絢登外野手

 10月20日に行われるプロ野球ドラフト会議で、異例の10年連続指名がかかる独立リーグ球団がある。四国アイランドリーグplus・徳島インディゴソックス。多くの名門大学、社会人チームを凌ぐ、驚異のNPB輩出率を誇るチームには、今年も多くの原石が揃う。「THE ANSWER」はその中から、注目選手4人をピックアップ。第1回は23歳・井上絢登外野手。昨秋のドラフト会議で指名漏れを味わった男は、持ち前のフルスイングでNPB入りを目指している。(取材・文=THE ANSWER編集部・神原 英彰)

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 ◇ ◇ ◇

 そのスイングをひと目見ただけで、井上絢登という打者像は想像がつく。

 177センチ、87キロの体から、豪快に白球を引っ叩く。信条はフルスイング。目下、リーグ戦で10本塁打、32打点の打撃2冠に君臨する。しかし、満足感はない。目標はここでタイトルを獲ることではないからだ。ドラフトまで2か月。渇望するNPBへの想いが溢れ出る。

「ここから、どれだけ自分が持っているものをアピールできるかが一番大事。最後まで、自分が持っているものを出し尽くしたい」

 自分が持っているもの――。それを突き詰め、翻弄された野球人生だった。

 転機は、久留米商高(福岡)3年の春。それまでミート重視のアベレージヒッターだったが、プレースタイルを一変させた。「このままじゃ、上で通用しない」。井上が見ていたのは、高校よりもっと先。プロを目指しているから、変化を求めた。重い球をひたすら打ち、スイング力を強化。高校通算20発を放った。

 最後の夏は、フルスイングで魅了するソフトバンク・柳田悠岐になぞらえて「久留米のギータ」とメディアに付けられた。

 九州六大学の福岡大進学後は、2年春の全日本大学野球選手権で本塁打を放つなど実績を残したが、学年が上がるとともに責任感が増し、次のステージが近づくと不振を味わった。3年生になると三振を怖がるあまり、スイングが小さくなった。本来の持ち味も見失い、「自分のスイングが分からなくなった」という。

 それでも、ベストナイン2度、打点王1度を獲得し、4年生だった昨秋にプロ志望届を提出したが、声はかからず。無念の指名漏れを味わった。

「大学3、4年の頃は自分のスイングができてなかった。もう一度、やり直したいと思った」

 胸の中にあったのは「もっとできるはず」という想い。それは間違いじゃなかった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集