[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

健康管理に“絶対的な答え”なし メッシの例に見るアスリートの食生活との向き合い方

スペインサッカーに精通し、数々のトップアスリートの生き様を描いてきたスポーツライターの小宮良之氏が、「育成論」をテーマにしたコラムを「THE ANSWER」に寄稿。世界で“差を生む”サッカー選手は、どんな指導環境や文化的背景から生まれてくるのか。今回はバルセロナ時代のリオネル・メッシを引き合いに出しながら、アスリートのコンディション管理について持論を展開している。

若き日のリオネル・メッシ、食生活を変えてパフォーマンスを向上させた【写真:Getty Images】
若き日のリオネル・メッシ、食生活を変えてパフォーマンスを向上させた【写真:Getty Images】

連載「世界で“差を生む”サッカー育成論」:選手にとって大切な心身の健康管理

 スペインサッカーに精通し、数々のトップアスリートの生き様を描いてきたスポーツライターの小宮良之氏が、「育成論」をテーマにしたコラムを「THE ANSWER」に寄稿。世界で“差を生む”サッカー選手は、どんな指導環境や文化的背景から生まれてくるのか。今回はバルセロナ時代のリオネル・メッシを引き合いに出しながら、アスリートのコンディション管理について持論を展開している。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 ◇ ◇ ◇

 プロサッカー選手という仕事は体が資本である。厳しいトレーニングを高い競争の中で積むことによって、技術は向上するわけだが、そのベースとなる健康管理ができていないと、成長は望めないし、怪我をしやすい体になったりする。肉体を健全に維持するには、規則正しい生活が基盤になるだろう。

「プロスポーツ選手は遊びも芸のうち」

 それは20年以上前の時代の話だ。

 長く現役を続け、ハイパフォーマンスを見せる選手は、食生活や睡眠に気をつけているし、行き過ぎた夜遊びなどもってのほかだろう。オフに入ったら、息抜きをする選手もいるが、シーズン中に不規則な生活をしているようだと、遅かれ早かれ、その報いを受ける。

 一方、ヘビースモーカーのサッカー選手で成功を収めたケースも少なくない。1980~90年代、オランダ代表、ACミランで活躍したフランク・ライカールトなどはその1人だろう。こうした事例は、実はJリーガーにもいくつか見られてきた。ストレスを軽減させ、プレーの集中力を高めるほうが、肉体的な能力低下に勝った結果だ。

 しかし時代は変わった。現代サッカーはフィジカル面の持久力と俊敏性が同時に求められ、コンディションに左右されるところが増えた。それはしばしば実力をも逆転させる。

 例えば、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の初戦、オマーン戦の日本代表選手たちは多くが欧州組で、長旅の疲れと時差を引きずり、満足に練習もできずに挑んだことにより、ホームにもかかわらず0-1と敗れている。格下と見られたオマーンは長い合宿を張って日本へ早めに入り、しっかりとコンディション調整してきたことで、動きの鋭さは際立っていた。

1 2 3

小宮 良之

1972年生まれ。大学卒業後にスペインのバルセロナに渡り、スポーツライターに。トリノ五輪、ドイツW杯を現地取材後、2006年から日本に拠点を移す。アスリートと心を通わすインタビューに定評があり、『導かれし者』(角川文庫)、『アンチ・ドロップアウト』(集英社)など多くの著書がある。2018年に『ラストシュート 絆を忘れない』(角川文庫)で小説家としてもデビュー。少年少女の熱い生き方を描き、重松清氏の賞賛を受けた。2020年12月には『氷上のフェニックス』(角川文庫)を上梓。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集