[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

1人で3つの「代表」務める現役Jリーガー 宇賀神友弥、埼玉・戸田から始めた異色の挑戦

今季からサッカーJ3のFC岐阜に加入した元日本代表DF宇賀神友弥はここまでリーグ戦全12試合に出場し、6月12日に行われた鹿児島ユナイテッドFCとの第12節では決勝ゴールを決めている豊富な経験と圧倒的な運動量を武器に、タッチライン際で存在感を放つサイドプレーヤーだ。

宇賀神友弥が現役のサッカー選手でありながら、様々なプロジェクトを行う理由について語る【写真:Getty Images】
宇賀神友弥が現役のサッカー選手でありながら、様々なプロジェクトを行う理由について語る【写真:Getty Images】

3つの事業代表を務める宇賀神のスタートは地元・戸田に作ってフットサルコート

 今季からサッカーJ3のFC岐阜に加入した元日本代表DF宇賀神友弥はここまでリーグ戦全12試合に出場し、6月12日に行われた鹿児島ユナイテッドFCとの第12節では決勝ゴールを決めている豊富な経験と圧倒的な運動量を武器に、タッチライン際で存在感を放つサイドプレーヤーだ。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 全力疾走はピッチ内だけではない。ピッチ外の活動にも力を注ぐ。
 
 宇賀神がフットボールスクール&フットサルコートを開校したのは2018年末のこと。「Esforco football school(フットボール・スクール・エスフォルソ)」と名付け、Esforcoとはポルトガル語で「努力」を指している。(取材・文=藤井雅彦)

 ◇ ◇ ◇

「僕は埼玉県戸田市で生まれ育ちました。戸田市サッカー協会が発足して50年以上の歴史があり、浦和市から車を走らせれば20分くらいの距離です。それなのにプロサッカー選手を僕ひとりしか輩出できていない。この状況を変えるために、自分が動き出さなければいけないと思いました」

 幼少期時代は朝から晩までボールを蹴って過ごした。立派な天然芝のはずもなく、当時のスタジアムは学校の校庭だ。しかし、現代社会は様相が大きく異なる。

「僕が子どもの頃は始業前からボールを蹴って、汗だくの状態で1時間目の授業を受けていました(笑)。放課後は暗くなってボールが見えなくなるまでサッカー。それが普通でした。でも現在は違います。校庭を使ってはいけない場合の方が多く、ボールを蹴る環境すらありません。だから、まずは環境を整えようと考えました」

 フットサルコートの建設は活動の一端に過ぎない。台風で甚大な被害が出た際にはグラウンド再建を、コロナ禍においてはマスクや食料品の提供などを行ってきた。

 すべては現役のプロサッカー選手だからこそできる社会貢献。その先にあったのが女性アスリートの価値を高め、社会的地位を向上させる働きかけだった。

 それが女性アスリート支援プロジェクト「aim」だ。

 2019年頃からプロジェクトの構想をスタートさせた。きっかけは女性アスリートの置かれる厳しい環境を目の当たりにしたこと。日本代表クラスともなれば「それこそ技術や体の使い方は僕よりも上手い」と舌を巻くレベルにもかかわらず、収入面などは依然として厳しい状況にあり、問題視する声は多い。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集