[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

6勝目ダルビッシュ、2三振喫した元同僚は脱帽「バランスを崩された」「それが彼だ」

米大リーグ・パドレスのダルビッシュ有投手は13日(日本時間14日)、敵地カブス戦に先発登板。今季最長の8回を投げ切り、5安打1失点7奪三振で6勝目(3敗)を挙げた。古巣相手の好投に元同僚選手も「我々はバランスを崩された」などと脱帽している。

今季最長の8回を投げ切り、5安打1失点7奪三振で6勝目を挙げたパドレスのダルビッシュ有【写真:ロイター】
今季最長の8回を投げ切り、5安打1失点7奪三振で6勝目を挙げたパドレスのダルビッシュ有【写真:ロイター】

2020年まで在籍したカブスを相手に好投

 米大リーグ・パドレスのダルビッシュ有投手は13日(日本時間14日)、敵地カブス戦に先発登板。今季最長の8回を投げ切り、5安打1失点7奪三振で6勝目(3敗)を挙げた。古巣相手の好投に元同僚選手も「我々はバランスを崩された」などと脱帽している。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 シカゴで見事な“凱旋”を果たした。ダルビッシュは20年まで3年間プレーした古巣・カブスの本拠地、リグレー・フィールドで移籍後初登板。2回先頭のヤン・ゴームズに先制ソロを許したが、そこから6回1死まで無安打に封じるなど快投し、107球で今季最長の8回を投げ切った。

 イリノイ州地元紙「シカゴ・サンタイムズ」のマディー・リー記者は、対戦した元同僚イアン・ハップの談話を自身のツイッターで紹介。1安打したものの2三振を喫しており、「それが彼だ。本当に良い投手で、色々ミックスして、我々はバランスを崩された」と脱帽している様子だった。

 またMLB公式サイトでパドレス番を務めるAJ・キャサベル記者は「昔のようにリグレー・フィールドを支配するユウ・ダルビッシュの姿があった」と古巣相手に躍動した35歳を称えた。米スポーツメディア「ジ・アスレチック」パドレス番のデニス・リン記者は「ダルビッシュは2019年9月以来の8回を投げ切り、防御率は3.35に。開幕直後のジャイアンツ戦の炎上(2回途中9失点)が無ければ2.20となっている」とデータを伝えている。

 9回は守護神テーラー・ロジャースが3者凡退に抑え、パドレスは4-1で勝利。ダルビッシュは自身2連勝となっている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集