[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「NBA選手になるまでやめない」 豪州に再び渡ったバスケ馬場雄大がブレない理由

渡邊雄太と八村塁の存在が馬場を奮い立たせた【写真:近藤俊哉】
渡邊雄太と八村塁の存在が馬場を奮い立たせた【写真:近藤俊哉】

奮い立たせる渡邊雄太と八村塁の存在「追いつき追い越したい」

 毎日、バスケットゴールに向かうなか、刺激になっているのが渡邊、八村だ。同世代の彼らの活躍をみると、「超えるべき存在」として、馬場を奮い立たせる。

「僕の性格上、同世代の選手が上にいれば、追いつき追い越したい。2人がいなかったらここまで頑張れているかどうかわからないと思うほど、刺激になっています。

 僕は小学校1年生からプレーをしていますが、今、バスケットが楽しくてしかたないんですね。ちょっとでもゴールを触らないと、ウズウズと落ち着かなくなるぐらいです(笑)。自分の好きなことで生きている。そんな、夢のような日々を歩んでいるからこそ1日、1日を噛みしめながら、やっています」

 振り返れば、子どもの頃に初めて抱いた目標は、かつて実業団でプレーしていた父を超えることだった。26歳の今は、世界最高峰という頂を目指し、一歩一歩、登り続ける。

「父を超えられたか? そうですね、父はオリンピアンではないので、経歴上は超えました!(笑)。でもよく言うじゃないですか。80年代と今の選手を比べても、そこは時代によってバスケのスタイルも異なるし、単純には比べられないって。だから自分から『超えた』とは言えないですね。

 もしも、父が『超えた』と言うのなら超えられたのかな。今度、会ったら聞いてみたいです」

■馬場 雄大 / Yudai Baba

 1995年11月7日生まれ、富山県出身。小学1年からバスケットボールを始める。富山第一高から筑波大へ進学。在学中の2017年6月、Bリーグのアルバルク東京と契約。17-18シーズンは新人王を獲得、18-19シーズンは2年連続のリーグ優勝に貢献しMVPに。2019年7月、NBAダラス・マーベリックスの一員としてNBAサマーリーグに挑戦。キャンプ参加を経て、エキシビット10契約を結び、Bリーグ出身者初のNBA契約選手に。その後、マーベリックス傘下のGリーグチーム、テキサス・レジェンズと契約。20-21シーズン、オーストラリア・NBLのメルボルン・ユナイテッドでプレー後、2021年10月、再びテキサス・レジェンズと契約。22年3月、メルボルン・ユナイテッド復帰を発表した。東京五輪男子日本代表。

(長島 恭子 / Kyoko Nagashima)

1 2 3

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビュー記事、健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌で編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(中野ジェームズ修一著)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、以上サンマーク出版)、『走りがグンと軽くなる 金哲彦のランニング・メソッド完全版』(金哲彦著、高橋書店)など。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集