[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

酪農一家に生まれた“スケートの申し子” 森重航、大人を困らせるほど氷を愛した幼少期

きっかけを掴んだら「トントン拍子に上達した」

 レース中の転倒が多く、小・中学生時代はなかなか成績に結びつかなかった新濱に対し、小村さんが見た森重は「順当にエリートコースを歩む選手」だったという。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

「具体的にああしろ、こうしろと指導をして、本人が悩んだり努力したりというよりは、1つのきっかけを掴んで階段を駆け上がっていったイメージが強いですね。特に最後の中学3年生の時には中学記録も作って、500メートルと1000メートルで二冠を達成しました」

 その活躍は、加藤条治らを輩出した名門・山形中央高の椿央監督(当時)の目に留まり進学。トップレベルのトレーニングを重ねて、滑りの技術を磨いてきた。

 小村さんは今シーズンに入り絶好調の森重の滑りについて、「彼はラスト200メートルの追い上げがものすごく速い選手なので、それを十分に生かしたレースをしている」という印象と同時に、「今季ナショナルチームに入ったことが大きいのでは」と続ける。

「小学生の時、なかなかカーブワークが上手くできなかったなかで、一度きっかけを掴んだらトントン拍子に上達したのと同様に、ナショナルチームに入ってトップレベルの選手とトレーニングを積み、自分の中で何かを掴んだことで、短期間で急成長している気がします」

 恩師も驚く飛躍を見せている森重は、初出場となった北京五輪でも堂々とした滑りを見せ、500メートルで銅メダルを獲得。保育園時代から周囲も困惑するほど滑ることに没頭した“スケートの申し子”は、エリートコースを歩みながら世界トップクラスへと一気に駆け上がった。

(THE ANSWER編集部・谷沢 直也 / Naoya Tanizawa)

1 2 3 4
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集