[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

走るたびに日本記録が注目されるランナー 田中希実が明かす「記録」と戦うメンタル術

陸上女子中長距離の田中希実(豊田自動織機TC)が「THE ANSWER」のインタビューに応じた。全3回にわたってお送りする第2回は、タイム競技における「記録との向き合い方」について。東京五輪では、女子1500メートルで日本人過去最高の8位入賞。22歳にして複数の種目で日本記録を打ち立ててきた。どのように記録と向き合いながら日々の練習に励んでいるのか。中高生にも参考になる言葉を送った。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

昨年5月の東京五輪テスト大会1500mを駆け抜ける田中希実、切っても切り離せない「記録」との向き合い方とは【写真:奥井隆史】
昨年5月の東京五輪テスト大会1500mを駆け抜ける田中希実、切っても切り離せない「記録」との向き合い方とは【写真:奥井隆史】

田中希実の独占インタビュー第2回

 陸上女子中長距離の田中希実(豊田自動織機TC)が「THE ANSWER」のインタビューに応じた。全3回にわたってお送りする第2回は、タイム競技における「記録との向き合い方」について。東京五輪では、女子1500メートルで日本人過去最高の8位入賞。22歳にして複数の種目で日本記録を打ち立ててきた。どのように記録と向き合いながら日々の練習に励んでいるのか。中高生にも参考になる言葉を送った。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 ◇ ◇ ◇

「記録」との戦いを強いられた時、どうやって克服すればいいのか。陸上に限らず、競技スポーツに置いて記録は付きもの。世界で戦うようなトップレベルだけでなく、部活などでも一つの指標とされる。ただ、分かりやすい数字に囚われ、調子を崩したり、怪我に陥ったり、悩む選手は少なくない。

 とりわけ、ランナーにとってタイムの更新は宿命である。田中も切っても切り離せない立場だ。

 2020年7月に非五輪種目の3000メートルで8分41秒35をマークし、福士加代子の日本記録を18年ぶりに更新。同8月にも1500メートルで小林祐梨子の日本記録を14年ぶりに塗り替えた。昨年の東京五輪でも1500メートル予選で日本記録を上回ると、準決勝でも日本女子初の3分台突入となる3分59秒19をマーク。決勝で日本人初となる8位入賞の快挙を果たした。(※3000メートルは2021年7月に自身の記録を更新 8分40秒84)

 五輪後は1000メートルでも更新し、3種目で日本記録を持っている。今、中長距離界で「日本最速」のランナー。周囲の期待や報道陣からの問いなど、否が応でも記録を意識する機会が多い。田中はどう向き合い、戦っているのか。

「毎年の目標として、ずっと自己ベストを出したいと思ってやっています。でも、今後はタイムを出し続けるのが難しくなってくるので、自分の中でタイムに対する折り合いをつけるようにしています。『体がこれぐらいの状態なら、これぐらいのタイムで走れたらいいか』というのも大事。キャリアで自分の最高点はここだと決まったら、それ以上は出ないと思う。今後、その折り合いも必要になってくると思います」

 どんな選手にも成長期があれば、記録が頭打ちになる時期もある。女子選手であれば生理や体形の変化が訪れる。その日の体調に左右されるものなのに、タイムだけで判断すればオーバーワークに繋がりかねない。どこかで「折り合いをつける」のが大切だという。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集