[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「気性の荒い大久保嘉人」を20年演じていた プロ生活での“理解されない”苦悩を告白

Jリーグ史上最強のゴールハンターが、今シーズン限りでスパイクを脱ぐ。積み上げてきたJ1得点数は歴代最多の「191」、史上初めて3年連続の得点王にも輝いた。日本サッカー史にその名を刻むFW大久保嘉人は、2001年にセレッソ大阪でデビューしてから20年間のプロキャリアを、どのように過ごしてきたのか。現役引退を発表した直後、「THE ANSWER」の単独インタビューに応じ、プロ生活での「悔しい思い」や支え続けてくれた妻への感謝の言葉を口にした。(取材・文=佐藤 俊)

J1歴代最多得点者の大久保嘉人が「最も悔しい思い」をした出来事とは【写真:Getty Images】
J1歴代最多得点者の大久保嘉人が「最も悔しい思い」をした出来事とは【写真:Getty Images】

キャリアを通じて抱いた「もともとは中盤の選手」との思い

 Jリーグ史上最強のゴールハンターが、今シーズン限りでスパイクを脱ぐ。積み上げてきたJ1得点数は歴代最多の「191」、史上初めて3年連続の得点王にも輝いた。日本サッカー史にその名を刻むFW大久保嘉人は、2001年にセレッソ大阪でデビューしてから20年間のプロキャリアを、どのように過ごしてきたのか。現役引退を発表した直後、「THE ANSWER」の単独インタビューに応じ、プロ生活での「悔しい思い」や支え続けてくれた妻への感謝の言葉を口にした。(取材・文=佐藤 俊)

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の無料会員登録はこちらから

   ◇   ◇   ◇

 大久保嘉人にとって20年間のサッカー人生の中で「一番の喜び」は、2013年に川崎フロンターレに移籍し、風間八宏元監督に出会えたことだ。基礎技術を学び直し、プレーヤーとしてさらに磨きをかけることで、3年連続でJリーグ得点王にも輝いた。大久保がキャリアで最も輝いた時間だったが、では「最も悔しい思い」をした出来事はどんなことだったのだろうか。

「楽しかったのは、川崎の4年間だけで、あとは個人としては上手くいかないことだらけ。けっこう批判もされたからね。自分を理解してもらえない苦しみは、プロになってからずっと続いていた」

 大久保は国見高校時代から得点にこだわりがあったが、ポジションはトップ下で、そこでの仕事を学ぶことでパスを出せる、ゲームも作れる、点も取れる究極のオールラウンダーに進化していった。それがいつの頃からか、「ストライカー」と称されるようになった。FWの仕事は点を取ることであり、そのことのみで評価されるが、大久保は「そもそも、そこが違うんだけどなぁ」と思いながらプレーしていた。

「俺はストライカー? いや、違うでしょ。点は取っているけど、もともとは中盤の選手だからね。でも、ストライカーと言われていたので、そのイメージでみんな見るんです。だから、俺が中盤まで下がってきて、ゲーム作りに参加していると、『なんで下がってくるのか』って言われる。俺は自分が点を取るためにサッカーをしているのではなく、チームを勝たせるためにやっている。そういう意味で、もうちょっと俺の仕事を理解してほしいなと思ったね」

 Jリーグで通算191ゴールを取り、J1歴代最多得点記録保持者でもある。しかも史上初の3年連続得点王にも輝いた。数字だけを見れば、「ストライカー」以外の言葉が当てはまらないが、大久保の仕事はそれだけではなく、チームを勝たせるプレーをすることだ。実際、シュートが打てない時は味方にパスを出して勝利を優先している。そこを見誤り、エゴイスト扱いされることに、大久保は自分の仕事が評価されていない悲しさを感じていた。そして、それは引退する今日まで続いた。

1 2 3

大久保嘉人


 1982年6月9日生まれ、福岡県出身。国見高3年時に高校3冠を達成し、インターハイと高校選手権では大会得点王を獲得した。2001年にセレッソ大阪でプロキャリアをスタートさせると、闘争心溢れるプレーで存在感を発揮。03年に日本代表デビュー、04年にはU-23日本代表の一員としてアテネ五輪に出場、10年にはA代表の主力として南アフリカW杯ベスト16進出に貢献した。マジョルカ、ヴォルフスブルクでのプレーを挟みながらヴィッセル神戸に通算6シーズン在籍すると、13年に川崎フロンターレに移籍。1年目でキャリア最多26ゴールを決めると、史上初のJリーグ3年連続得点王の偉業を達成した。今季、古巣のC大阪に復帰し歴代最多となるJ1通算191得点にゴール数を伸ばすも、11月19日に今季限りでの現役引退を発表した。

佐藤 俊

1963年生まれ。青山学院大学経営学部を卒業後、出版社勤務を経て1993年にフリーランスとして独立。W杯や五輪を現地取材するなどサッカーを中心に追いながら、大学駅伝などの陸上競技や卓球、伝統芸能まで幅広く執筆する。『箱根0区を駆ける者たち』(幻冬舎)、『学ぶ人 宮本恒靖』(文藝春秋)、『越境フットボーラー』(角川書店)、『箱根奪取』(集英社)など著書多数。2019年からは自ら本格的にマラソンを始め、記録更新を追い求めている。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集