[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

伊藤美誠を「本気」で支えた13日間 補欠の早田ひなしか経験できない東京五輪の裏側

2021年も多くのスポーツが行われ、「THE ANSWER」では今年13競技を取材した一人の記者が1年間を振り返る連載「Catch The Moment」をスタートする。現場で見たこと、感じたこと、当時は記事にならなかった裏話まで、12月1日から毎日コラム形式でお届け。第2回は、卓球・早田ひな(日本生命)が登場する。9月のTリーグ開幕戦はエースとして奮闘。同い年の伊藤美誠(スターツ)らの活躍を補欠の立場で見守った東京五輪の経験を明かしていた。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

補欠だった東京五輪、代表の平野美宇(右)の練習を献身的にサポートする早田ひな【写真:アフロ】
補欠だった東京五輪、代表の平野美宇(右)の練習を献身的にサポートする早田ひな【写真:アフロ】

一人の記者が届ける「THE ANSWER」の新連載、第2回は卓球・早田ひな

 2021年も多くのスポーツが行われ、「THE ANSWER」では今年13競技を取材した一人の記者が1年間を振り返る連載「Catch The Moment」をスタートする。現場で見たこと、感じたこと、当時は記事にならなかった裏話まで、12月1日から毎日コラム形式でお届け。第2回は、卓球・早田ひな(日本生命)が登場する。9月のTリーグ開幕戦はエースとして奮闘。同い年の伊藤美誠(スターツ)らの活躍を補欠の立場で見守った東京五輪の経験を明かしていた。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の無料会員登録はこちらから

 ◇ ◇ ◇

 華やかに活躍した選手がいる一方、確かに成長した21歳がいる。

 感動の連続だった東京五輪。伊藤は、水谷隼と組んだ混合ダブルスで日本卓球界初の金メダルを獲得した。水谷にハグをされてのけぞったシーンは微笑ましかった。シングルスは準決勝敗退。金メダルの夢が破れたわずか7時間後、3位決定戦を勝ち切った。しかし、銅メダルで流したのは悔し涙。平野美宇、石川佳純との女子団体は決勝で中国に敗れ、またも瞳を潤ませた。

「伊藤選手は3種目全て金メダルを目指していた。シングルス、団体と金メダルを獲れず、本当に悔しそうな表情を間近で見て、オリンピックの厳しさを感じた」。極限状態を目撃していたのが、早田だった。女子唯一のリザーブとして事前合宿から日本代表に同行。練習パートナー、球拾い、無観客のスタンドから声が枯れるほど応援した。

 同い年の伊藤とは「ライバルであり親友でもある」と堂々と言える間柄。毎日、ストイックに強さを追求し、努力をやめない姿を知っている。「なんとか勝たせてあげたい」。選手の表情を見て、心を想像して、何をすべきか考えてサポートした。

 選手と同じくらい本気になって流した汗。補欠として過ごした日の丸の経験を17年間の卓球人生に重ね合わせると、支えてくれた人たちの姿が目に浮かんだ。

「選手の気持ち、裏方、サポートする側の大変さを学んだ。いろんな視点で試合を見たけど、今までサポート側の気持ちをここまで感じることはなかった。そのありがたみを東京五輪で感じることができた」

 卓球が行われた13日間、喜びも、苦しみも、全てを肌で感じた。「平野選手も試合前まで緊張したと思うけど、試合に入ったらいつも通りの平野選手らしく思い切ってできていた。選手自身が本当に自分のことをわかっているんだなと思いました」。同じ立場でコートにいたらわかりづらい。外にいたからこそ、代表権を勝ち取った選手、世界の猛者たちの凄みが見えてきた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集