[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

上野由岐子、同じ町出身の後輩記者に残る言葉 子供たちに無観客でも伝えたい389球の感動

「THE ANSWER」は東京五輪の大会期間中「オリンピックのミカタ」と題し、実施される競技の新たな知識・視点のほか、平和・人権・多様性など五輪を通して得られる様々な“見方”を随時発信する。今回はソフトボールで日本を金メダル獲得に導いた上野由岐子投手(ビックカメラ高崎)と同じ町内出身の編集部記者が送るコラム。20年前のソフトボール教室で7歳上の大エースと触れ合った体験から、無観客開催の今大会で子どもたちに感じとってほしい“熱”をつづる。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

最後の打者を捕邪飛に抑え喜ぶ上野由岐子【写真:Getty Images】
最後の打者を捕邪飛に抑え喜ぶ上野由岐子【写真:Getty Images】

「THE ANSWER的 オリンピックのミカタ」#28

「THE ANSWER」は東京五輪の大会期間中「オリンピックのミカタ」と題し、実施される競技の新たな知識・視点のほか、平和・人権・多様性など五輪を通して得られる様々な“見方”を随時発信する。今回はソフトボールで日本を金メダル獲得に導いた上野由岐子投手(ビックカメラ高崎)と同じ町内出身の編集部記者が送るコラム。20年前のソフトボール教室で7歳上の大エースと触れ合った体験から、無観客開催の今大会で子どもたちに感じとってほしい“熱”をつづる。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 11月6日オープン、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」とは

 ◇ ◇ ◇

 東京五輪開会式の6日前、サッカーU-24日本代表主将のDF吉田麻也は無観客開催の再考を訴えた。子どもたちに与える影響の大きさが意義の一つ。生で感じる“熱量”には確かなものがある。

 記者が小学5年の冬、憧れの「上野先輩」が校庭にやってきた。同じ福岡市南区柏原出身で、小学校、中学校の大先輩。実家は徒歩10分の距離だった。当時18歳で社会人入りする直前。中学の全国制覇などの実績もあり、地元ではすでにスターだった。剛速球を目の当たりにすると、30人のちびっ子たちは「ぎゃー!」「スゲー!!」と、お祭り騒ぎ。初めて見たライズボールの衝撃は忘れられない。打席に立った6年生はビビりまくりだった。

 記者は投手。背が低く、球も遅かった。未来の鉄人によるピッチング教室。投手10人ほどが横に並び、一斉に投球を始めた。自分の後ろに立たれた時は心臓バクバクのド緊張。「リリースの瞬間、グラブを持った手は引くんだよ」「自分の靴の6個半分、前に飛びながら投げてみようか」。ほんの些細な基本的技術。見違えるほど球速が上がり、翌日以降もウキウキして練習したことを覚えている。ピッチングが楽しくなった。

 周りの大人たちに言われた教えのほとんどは、正直あまり覚えていない。でも、憧れの人から直接かけられた言葉は20年経っても鮮明に思い出せる。もらったサイン色紙は実家の部屋の引き出しの中だ。

 中学生の時、上野先輩が学校で講演をしてくれた。全校生徒600人の前で1時間。「夢や目標は叶わなくてもいいから、そこに向かって一生懸命に努力してみてください。そこまでの頑張りは絶対に無駄にならないから」。体育館に響いた日本代表の言葉に、生徒も、先生たちも背筋を伸ばした。担任の先生は「20歳過ぎ、しかもこんな大人数の前でよくあれだけ堂々と話せるなぁ」とポツリ。大人になった今、生で伝えられた言葉の重みがわかる。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集