[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

最強男子柔道、決勝後にまた生まれた感動シーン ネット反響「爽やかな敗者を尊敬」

東京五輪は27日、柔道男子81キロ級で永瀬貴規(旭化成)が金メダルを獲得。男子は史上初の4日連続金メダルの快挙となった。決勝では勝利後、相手のサイード・モラエイ(モンゴル)と、互いの手を取って掲げるというシーンが見られた。SNS上の日本人ファンからは「なんて清々しい」「ファイナリストに相応しい」などと反響が寄せられている。

柔道男子81キロ級で金メダルを獲得した永瀬貴規【写真:AP】
柔道男子81キロ級で金メダルを獲得した永瀬貴規【写真:AP】

東京五輪柔道男子81キロ級で永瀬貴規が金メダル

 東京五輪は27日、柔道男子81キロ級で永瀬貴規(旭化成)が金メダルを獲得。男子は史上初の4日連続金メダルの快挙となった。決勝では勝利後、相手のサイード・モラエイ(モンゴル)と、互いの手を取って掲げるというシーンが見られた。SNS上の日本人ファンからは「なんて清々しい」「ファイナリストに相応しい」などと反響が寄せられている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 5分43秒の熱戦後、両者が健闘を称え合った。永瀬が勝利し、互いに一礼。固い握手を交わすと、まずはモラエイが永瀬の右手を取り、周囲の拍手に応えるかのように高々と掲げた。これに永瀬も応え、逆に相手の右手を取って同様に突き上げた。

 勝者と敗者が称え合ったシーン。ツイッター上の日本人ファンも「美しいな……」「モラエイさんの振る舞いも素晴らしい」「大会の中でベストシーンだったと個人的に感じる」「負けても爽やかな人尊敬する」「なんて清々しい」「ファイナリストに相応しい」などと反応していた。今大会の柔道では、互いを称え合う場面が連日のように見られている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集