[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【月間表彰】元日本代表×チョン・ソンリョン対談…「GK心理として非常に嫌」と称えたキッカーとは

GKが変わっているのは世界共通の認識だった!?

――余談ですが「GKは変わっている人が多い」と聞きます。お二人はどのように思いますか?

ソンリョン「僕自身は変わっていないと思います」

楢﨑「みんな自分ではそう言うよね(笑)」

ソンリョン「そうですね(笑)。でもそういった言われ方をすることも多いみたいですね」

楢﨑「やっぱり韓国でもそうなんだ! 聞くほうが愚問だよね? それに『僕は変わっています』と自分で言うGKはいない(笑)」

ソンリョン「絶対に言わないです(笑)。フィールドプレーヤーからGKになった選手が多いと思いますが、ナラさんは何歳からサッカーを始めたのですか?」

楢﨑「本格的に取り組むようになったのは13歳くらいだったかな。それまではFWもやっていたけど、本格的に取り組むようになってからはGKとしてプレーするようになったんだ。ソンリョン選手は?」

ソンリョン「僕は小学5年生の時にサッカーを始めて、最初はDFでした。GKになったのは中学1年生の時です。韓国にいる小学5年生の息子もGKなんです」

楢﨑「GKのことなら教えられるからいいよね。ウチの子どもはFWだから、僕は何も教えられない(苦笑)」

ソンリョン「サッカー選手の血が流れているからきっと大丈夫ですね」

――GKというポジション柄、失点してしまう場面もどうしてもあると思いますし、かといって得点チャンスはほとんどありませんよね。それでもGKを続けているメンタルの強さに感服します。

ソンリョン「それがすべてのGKの宿命です。GKはゴールを守らなければいけないし、それが職業です。でも僕は韓国でプレーしている時にGKコーチに言われたことがあります。『GKはゴールされる職業だ』と。最初はその意味が全く分からなかったですが、それはすごくポジティブな言葉なんです。ゴールされたとしてもプレーを続けなければいけないですし、チームを守り続けなければいけません」

楢﨑「また育成年代の子どもたちに伝える言葉が増えました(笑)。みんなその重い宿命を背負っていて、だから比較的変わっている人間に見えるのかもしれないね。ソンリョン選手はこれからACLもあるし、なかなかハードな日程だね。勝ち続けるのは大変だと思うけど頑張って! 応援しているよ」

ソンリョン「今日は本当にありがとうございました。直接お会いして話したかったですが、まるですぐ横にいて話しているかのように楽しい時間でした。ナラさんにまた選出してもらえるように頑張ります」

楢﨑「新型コロナウイルスが収束したら、食事に行く約束を果たしましょう」

ソンリョン「ぜひ、よろしくお願いします!」

■楢﨑正剛

 1976年4月15日生まれ、奈良県出身。1995年に奈良育英高から横浜フリューゲルスに加入。ルーキーながら正GKの座を射止めると、翌年にJリーグベストイレブンに初選出された。98年シーズン限りでの横浜フリューゲルス消滅が決まった後、99年に名古屋グランパスエイトへ移籍。2010年には、初のJ1リーグ優勝を経験し、GK初のMVPに輝いた。日本代表としても活躍し、国際大会では2000年のシドニー五輪(OA枠)、02年日韓W杯などに出場。19年1月に現役引退を発表し、現在は名古屋の「クラブスペシャルフェロー」に加え、「アカデミーダイレクター補佐」および「アカデミーGKコーチ」を兼任。21年からはJFAコーチとしても活躍している。

(藤井雅彦 / Masahiko Fujii)

1 2 3 4
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集