[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

卓球新世代がこんなに強いワケ 現役選手が感じた、10代選手に共通する「強さの源」

張本に敗戦の水谷「たぶん何回やっても僕は勝てない」、森薗「実力負けを痛感」

 昨年の世界選手権に続き、全日本決勝でも負けた水谷は張本について「バックドライブが質の高いボールで最後まで対応できなかった。世界選手権の時よりも、一つひとつの技術の精度が格段に上がっていて、フォアもバックも威力と質が良くなっていた。今までやってきた中国選手と同じレベルにはいるなと感じた。

【PR】コパ・アメリカは「DAZN」独占配信! いまなら2か月無料キャンペーン実施中!

 もし、(決勝のプレーが)いつも通りの100%の力だとしたら、たぶん何回やっても僕は勝てないかもしれないし、他の日本選手が対戦しても勝てないと思う。彼がここまで成長して優勝する前に自分がたくさん(全日本で)勝って来られて良かった。今後、何回やっても(勝つのは)厳しい気がしますね。これまでの決勝と比べると、今回が一番しんどかった」と振り返ったほどだ。

 また、準決勝でストレート負けした森薗も「実力負けを痛感した。昨年の中国オープンで0-4で負けた時よりは進歩があったと思うが、最後まで(張本を攻略できず)いい間合いで台上に入ることができなかった」と完敗を認めるしかなかった。

 男子と比べて女子は新世代の活躍が目覚ましかった。シングルスの決勝は同い年の17歳同士の「みうみま」対決となり、女子ダブルスと混合ダブルスを制した伊藤美誠が、昨年当時最年少の16歳で優勝した平野美宇を4-1で圧倒して初優勝。女子としては15年の石川佳純以来3人目で、史上最年少での3冠を成し遂げた。

 シングルスでベスト16に残った中で10代選手は4人だけだったが、そのうちの伊藤と平野の2人が年上選手たちを次々と撃破して決勝まで勝ち上がった。中でも、伊藤は準決勝で一昨年覇者の石川を4-1で圧倒する快進撃を見せた。石川は昨年8月のチェコオープン決勝で初黒星を喫した伊藤に2連敗となった。

 また、ダブルスではこれまた伊藤が同い年の早田ひなと組んだ「みまひな」ペアが初優勝を果たした。「みまひな」ペアは昨年の世界選手権ダブルス銅メダルの快挙を飾っており、今年の全日本でも優勝候補筆頭だったが、見事、期待に応える活躍だった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
今なら特設サイトからDAZN加入で2か月無料!
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集