[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「もっと速く」を求める市民ランナーに今人気 元五輪選手も驚く新型ランイベントとは

市民ランナーの「もっと速く走りたい」に本気で応える。新しい形のランニングイベントが熱気を帯びている。

およそ100人が集まったイベント、集団走では「PACER TRACK CLUB」のペーサーが引っ張った【写真:中戸川知世】
およそ100人が集まったイベント、集団走では「PACER TRACK CLUB」のペーサーが引っ張った【写真:中戸川知世】

「PACER TRACK CLUB」が運営するランイベントが10日に開催

 市民ランナーの「もっと速く走りたい」に本気で応える。新しい形のランニングイベントが熱気を帯びている。

【特集】「音」が握る勝負の鍵 静寂から生まれる熱い攻防・ゴールボールの魅力とは / ゴールボール・小宮正江選手、欠端瑛子選手、浦田理恵選手インタビュー(GROWINGへ)

 10日、午前9時30分。東京・足立区の舎人公園陸上競技場に集まったのは小学生から中年世代の男女およそ100人。ランニング愛好家ばかりだ。ランニングイベントといえば、心地よいペースで、なごやかに走りを満喫するという趣旨のものがあるが、ここはひと味違う。

 運営するのは都内を中心に活動するランニングクラブ「PACER TRACK CLUB」。各大会のペースメーカーや「NIKE」のランニングイベントでのペーサーを務める。このイベントでも参加者の先頭を走り、正確なラップで風を切ることが最大の特徴だ。

 ランニングアドバイザーの真鍋未央さんを講師に迎えたこの日のメインは1000メートル×8~10本のインターバル走。Sグループ(1000メートル3分30秒)~Eグループ(同5分30秒)まで異なるペースの9つの組が用意され、ランナーは希望するグループに参加。ペーサーに付いて集団走を行う。

集団走は「目の前のことに集中できること」がメリット【写真:中戸川知世】
集団走は「目の前のことに集中できること」がメリット【写真:中戸川知世】

 およそ1時間かける1万メートルの道のりは基本的に無言。響くのはトラックを蹴る小気味いい足音と、ペーサーが鼓舞する掛け声のみ。参加者は1000メートルごとのインターバルを挟みながら走る。ペースはそれぞれ違えど、追い込み方はアスリートのトレーニングさながらだ。

 中盤以降は各グループ、苦しい表情になりながらも、正確にラップを刻むペーサーのアシストを受け、各組が完走した。走り終えた後は充実の表情。グループ内の交流も生まれ、集団走ならではの魅力が表れていた。

 参加者を引っ張った「PACER TRACK CLUB」では代々木公園、皇居周辺などで上級者向け~初心者向けまで、月1回程度のランニングイベントを実施。インスタグラムで定期的に情報を発信し、毎回100~200人規模のランナーが集まり、人気を集めている。

 ゼネラルマネージャーを務める遠藤信康さんは「集団走だと心理的に楽になり、速く走れます。一人では自分でタイムを取るので脳を使って余計に体力も使います。目の前のことに集中できることのメリットが大きく、毎回多くの方に参加していただいています」と説明した。

 また「私たちは市民ランナーが走力を上げ、大会やマラソンを楽しむサポートをしています。スタッフ自身も日々練習を積んで自己ベスト更新を目指し、完璧に安全にサポートできるように心がけ、このイベントで自己ベストを伸ばしたという声をよくもらいます」とも語った。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集