[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

原英莉花がブレイクできた理由 「遺伝子レベルで最強」とつぶやいた北田瑠衣の分析

「THE ANSWER」は各スポーツ界を代表するアスリート、指導者らを「スペシャリスト」とし、第一線を知る立場だからこその視点で様々なスポーツ界の話題を語る連載「THE ANSWER スペシャリスト論」をスタート。女子ゴルフでツアー通算6勝を挙げた北田瑠衣(フリー)が「THE ANSWER」スペシャリストの一人を務める。2006年から10年連続でシード権を保持した実力者。ゴルフ界のトレンドやツアーの評論、自身の経験談まで定期連載で発信する。

原英莉花【写真:Getty Images】
原英莉花【写真:Getty Images】

「THE ANSWER スペシャリスト論」女子プロゴルファー、北田瑠衣

「THE ANSWER」は各スポーツ界を代表するアスリート、指導者らを「スペシャリスト」とし、第一線を知る立場だからこその視点で様々なスポーツ界の話題を語る連載「THE ANSWER スペシャリスト論」をスタート。女子ゴルフでツアー通算6勝を挙げた北田瑠衣(フリー)が「THE ANSWER」スペシャリストの一人を務める。2006年から10年連続でシード権を保持した実力者。ゴルフ界のトレンドやツアーの評論、自身の経験談まで定期連載で発信する。

【注目】1秒を削り出す駅伝競技 過酷なチーム競技で支持されるボディメンテ ゼリーとは

 今回は「原英莉花がブレイクできた理由」。2020年、原英莉花(日本通運)はツアー通算2、3勝目を挙げた。渋野日向子(サントリー)、畑岡奈紗(アビームコンサルティング)らと同じ1998年度生まれの黄金世代と呼ばれる学年。21歳にして、ブレイクできた要因は何だったのか。技術的に成長した部分はもちろん、“美しいだけじゃない”プロゴルファーとしての魅力に迫る。

◇ ◇ ◇

 ツアー屈指の人気選手となった原の魅力は何なのか。新型コロナウイルス感染拡大の影響で3か月遅れた開幕戦で5位。8月の2、3戦目は予選落ちしたが、10月の日本女子オープンで1年4か月ぶりのツアー2勝目を挙げ、「日本女子No.1ゴルファー」の称号を手にした。

 さらに20年最終戦のJLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップでは、初日から首位を譲らない完全優勝で強さを証明。2勝はともに国内メジャーと見事に飛躍した。それまでのシーズンと比べて最も変化した点について、北田はこう語る。

「パットではないでしょうか。優勝した2試合を見ると、パットで耐えて、パットでチャンスをものにしていた印象があります。最終戦でも思ったのですが『これは外すんじゃない?』と思う微妙な距離のパットを全て入れていました」

 原の平均パット数(1ラウンドあたり)は日本女子オープンが27.25で全体3位、最終戦は29.00で全体12位。しかし、年間では30.25で全体52位と顕著な差があった。北田は3パットをしないためには「最初の長いパットで微妙な距離を残さないことが大切」と強調。さらに不安定なパットがショットメーカーに与える影響についてこう説明した。

「原選手はもともとショットがいい選手。ショットで大きなミスをした姿はあまり見たことがありません。どの選手でもパットでもったいないボギーを叩き、気持ちを整理できないまま次のホールに行くとミスショットに繋がります。原選手は短いパットを外してスコアを崩していた印象があるので、本当にそこだけですよね。それがうまくクリアできた=優勝だと思います」

 パットがよければ上位争いができる。北田は原の初優勝前から感じていたことだという。実は19年4月のフジサンケイレディス第2日に同組でラウンド。身長173センチのダイナミックなスイングで飛ばし、バーディーを奪う姿に「この子凄いな」と第一印象を抱いた。一方、簡単にボギーを打ってしまい「まだプレーが少し荒いかな」と感じた。

「この子はミスの幅が減ったらシードも獲るし、優勝もできるだろうなという目で見ていました。でも、順調ですよね。そこから順調に優勝してメジャー2勝ですから」

 同組で回った約1か月後にツアー初優勝。昨年、大きな飛躍を遂げた。ブレイクの理由はパットの成長だけではない。難しいコース設定、より実力差の出やすい4日間大会、格や賞金額も違うメジャーで2連勝。メジャーに強い理由に「やはりゴルフの時にいい表情します。まだ若いけど勝負師のような表情。気持ちはかなり強いと思います」と説明した。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集