[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

25歳ゴールド、来季も「絶対に」現役続行 うつ病、摂食障害など克服した元全米女王

フィギュアスケートのソチ五輪団体銅メダリスト、グレイシー・ゴールド(米国)が来季も現役続行することを明らかにした。過去にうつ病、摂食障害などを克服した元全米女王は14日(日本時間15日)に行われた全米選手権のショートプログラム(SP)で12位となった後、来季について「絶対に」と現役続行への意欲を語った。米スポーツ専門局「NBCスポーツ」が報じている。

グレイシー・ゴールド【写真:Getty Images】
グレイシー・ゴールド【写真:Getty Images】

全米選手権SPの演技後に言及「最終的にどれだけ自分が進歩したか楽しみたい」

 フィギュアスケートのソチ五輪団体銅メダリスト、グレイシー・ゴールド(米国)が来季も現役続行することを明らかにした。過去にうつ病、摂食障害などを克服した元全米女王は14日(日本時間15日)に行われた全米選手権のショートプログラム(SP)で12位となった後、来季について「絶対に」と現役続行への意欲を語った。米スポーツ専門局「NBCスポーツ」が報じている。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 中盤の3回転フリップで転倒するなど53.88点にとどまり、キス・アンド・クライでは落胆した様子を見せていたゴールド。記事によると「かなり酷かった。他に言うことは特にない」と振り返ったが、冒頭の3回転ルッツ―2回転トウループをこらえて着氷させるなど、収穫があったことも事実だ。

 14年ソチ五輪団体銅メダル獲得に貢献し、全米選手権は14、16年と2度制している25歳。うつ病、不安障害、摂食障害により、17-18年シーズンを全休し、翌シーズンのグランプリ(GP)シリーズのロステレコム杯で復帰。昨季は3年ぶりに全米選手権に出場し、12位となっていた。

 その復活にかける想いは多くのファンの支持を受けている。記事では「彼女は何が起ころうと、『絶対に』来シーズンへ向かうと話した」とし、本人が来季の現役続行を明言したと紹介。その上で「すでに気持ち的には良くなっている」という本人の前向きなコメントも伝えている。

「全ての(難しい)ことがあるけれど、最終的にどれだけ自分が進歩したかを楽しみたい。そして基礎を継続するために、予選でやったよりも良い、長いプログラムを滑りたい。だから、驚くようなことはない。シンプルに、堅実なコンペティションです」。来季は26歳となり、女子選手としてはベテランの域に入る年齢。それでも、ゴールドの情熱はまだ衰えていないようだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集