[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • コラム
  • 日本仕込みのバスケIQ 23歳・渡邊雄太が“ケンカ上等”米大学バスケで輝ける理由

日本仕込みのバスケIQ 23歳・渡邊雄太が“ケンカ上等”米大学バスケで輝ける理由

ジョージ・ワシントン大の渡邊雄太(4年)がアトランティック10カンファレンスのプレーヤー・オブ・ザ・ウィーク(週間MVP)を受賞――。12月4日に飛び込んできたそんなニュースは、日本のバスケットボールファンを喜ばせたはずだ。この週に行われたモーガン州立、テンプル大との2試合で、渡邊は平均21.5得点、6.5リバウンド、3.5スティール、2.5ブロックをマークして連勝に貢献。今季ここまで4勝4敗のチームにおいて、すでに絶対不可欠の存在になっている。

“NBAに最も近い日本人”米5年目・渡邊雄太がNCAAで絶対不可欠になり得た理由

ジョージ・ワシントン大の渡邊雄太(4年)がアトランティック10カンファレンスのプレーヤー・オブ・ザ・ウィーク(週間MVP)を受賞――。12月4日に飛び込んできたそんなニュースは、日本のバスケットボールファンを喜ばせたはずだ。この週に行われたモーガン州立、テンプル大との2試合で、渡邊は平均21.5得点、6.5リバウンド、3.5スティール、2.5ブロックをマークして連勝に貢献。今季ここまで4勝4敗のチームにおいて、すでに絶対不可欠の存在になっている。

 ゴンザガ大の八村塁(2年)と並び、渡邊は一般的に“NBAに最も近い日本人”と評されている。その夢に向けてひた走る23歳の俊才が、NCAAのディビジョンIで様々な意味で貴重な経験を積み重ねていることは間違いない。

 何より特筆すべきは、渡邊は大学4年間で平均得点、リバウンドの数字を毎年向上させていることだ。得点は1年目から平均7.1→8.4→12.2とアップさせ、4年生になった今季は最初の8試合で平均15.0得点。リバウンドの数字も平均3.5→4.0→4.8、今季は7.1本と見事に右肩上がりである。これほど着実に成長してこれたのは、2013年にアメリカに留学して以降、ハイレベルな場所で激しいトレーニングを積んできたからに他ならない。

「アメリカに初めて来た時に日米の練習の違いで一番驚いたのは、練習中の激しさでした。同じチーム同士なのに、相手側に回ったら、ケンカするくらいの勢いでやっている。日本にいた時は絶対になかったことでした。日本では先輩と後輩の関係があって、なかなか先輩に対して後輩がガツガツいけなかったりします。ここの選手たちはそんなのは関係なく、たまにコーチが止めに入らなきゃいけないくらい。普段の練習からハイレベル。なおかつそれだけ激しくやっていて、練習中から日本とアメリカの差は出てきているんだなとすごく感じました」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
SportyLife スポーティーライフ - 食とスポーツをつなぐ情報誌
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー