[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渋野日向子が「特別」であるワケ 北田瑠衣が感じる“宮里藍との共通点”とは

活況を見せる女子ゴルフで浮かぶ様々な疑問に対し、ツアー通算6勝の北田瑠衣(フリー)が「THE ANSWER」の取材に応じ、プロ目線の答えを語ってくれた。全3回に渡ってお届けする第2回は「応援を力に変える方法」。メンタルのスポーツとも言われるほど、心の浮き沈みがプレーに表れる競技。ギャラリーの声援を力に変えられる選手にはどんな特徴があるのだろうか。

北田瑠衣が渋野日向子の振る舞いを「特別」と語った理由とは【写真:荒川祐史】
北田瑠衣が渋野日向子の振る舞いを「特別」と語った理由とは【写真:荒川祐史】

北田瑠衣に聞く女子ゴルフの疑問「応援を力に変える方法」

 活況を見せる女子ゴルフで浮かぶ様々な疑問に対し、ツアー通算6勝の北田瑠衣(フリー)が「THE ANSWER」の取材に応じ、プロ目線の答えを語ってくれた。全3回に渡ってお届けする第2回は「応援を力に変える方法」。メンタルのスポーツとも言われるほど、心の浮き沈みがプレーに表れる競技。ギャラリーの声援を力に変えられる選手にはどんな特徴があるのだろうか。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 ◇ ◇ ◇

 ギャラリーの声は、どうやってプラスに変えられるのか。ティーグラウンドなら数メートル先に観衆が並び、ギャラリー同士の会話が聞こえてくるという話も聞く。トップ選手ともなれば、ショットを打った後に次の地点へ歩き出すと、名前を呼ばれたり、拍手を受けたりして花道のようになることも多い。

 だが、応援がプレッシャーになり、プレーにマイナスな影響を及ぼしてしまう選手もいる。コロナ禍の無観客試合でギャラリーの声援が恋しくなった女子ゴルフ。力に変えられる選手、変えられない選手の差は何かあるのだろうか。

 北田の場合は「『応援=力』という感じでうまく吸収できたのかなと。だから、それがプレッシャーになることはなかったですね」と振り返った。ティーショットがフェアウェーに乗ると、遥か先から拍手が聞こえてくる。「グリーンを外しちゃったかなと思ったショットの時に『ナイスオン!』と言ってもらえると、『あっ、よかった』と思える。それはありがたいし、嬉しかったです」。ギャラリーの反応がプレーの助けになり、気持ちも乗っていった。

 時に日本のギャラリーは“優しすぎる”という意見も聞く。海外ではたとえグリーンに乗ったとしても、難しい位置だった場合は拍手が起きないこともある。本当にいいショットだけが称えられるからだ。これについて北田はツアー通算6勝を挙げ、大ギャラリーを経験してきたプレーヤーとしての個人的な感覚を明かした。

「実際に足を運んでくださっているギャラリーの方は、皆さん目が肥えていると思うんですよね。いろいろな選手のボールやスイングを見ているから、『あっ、これはいいショットだ』とわかると思います。そこで判断してもらって、『ミスショットなんだけどな』という時でも『ナイスショット!』と言ってもらえたら私は嬉しいです」

 ギャラリーの声をポジティブに捉えた。それができる選手とできない選手の違いについては「難しいなぁ」と首をひねりつつ「性格ですかね。凄く大人しい性格の選手には『そっとしといて……』という人もいるかもしれないですし」と答えた。

 応援を力に変えるのが“上手い”印象がある選手がいる。渋野日向子(サントリー)だ。大観衆の前でもありのまま。名前を呼ばれると会釈で返す。コース脇に小さな子供が入れば、自ら歩み寄ってハイタッチ。ラウンドレポーターとして間近でプレーを見たことのある北田は「彼女の場合は特別だと思う」と語り、こう続けた。

「凄くポジティブ。もうポジティブの一言で表せないくらい。でも、芯は凄くしっかりしていてブレない。プロゴルフはスポンサーさんやファンの方々があって成り立っているスポーツという考え方です。彼女はそれがもう自然にできているし『一緒に楽しみましょう!』という感じが凄く出ていますよね。最初にスマイルシンデレラとネーミングされたのも、本当にその通りだと思います」

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集