[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

総工費35億円の複合施設 パナソニックの熊谷移転が示す新たなチームの“在り方”

ラグビー・トップリーグ(TL)の強豪パナソニック・ワイルドナイツが、14日に埼玉・熊谷ラグビー場で会見を開き、練習グラウンドなどの活動拠点を群馬県太田市から同ラグビー場に隣接する地域に移転することを発表した。この移転は、企業スポーツチームが公共のスポーツ施設敷地内にクラブハウス、グラウンドに加えて宿泊・飲食施設なども運営する、ラグビーではユニークな提携だ。プロ化への布石と位置付けられる2022年1月の開幕を目指す新リーグ構想を踏まえて、参入予定チームが新たな運営スタイルを模索する中で、パナソニックの挑戦は新たなチームの“在り方”の先例として注目される。

パナソニックの新拠点の完成予想図
パナソニックの新拠点の完成予想図

新リーグへの参入予定チームへの道筋となるか

 ラグビー・トップリーグ(TL)の強豪パナソニック・ワイルドナイツが、14日に埼玉・熊谷ラグビー場で会見を開き、練習グラウンドなどの活動拠点を群馬県太田市から同ラグビー場に隣接する地域に移転することを発表した。この移転は、企業スポーツチームが公共のスポーツ施設敷地内にクラブハウス、グラウンドに加えて宿泊・飲食施設なども運営する、ラグビーではユニークな提携だ。プロ化への布石と位置付けられる2022年1月の開幕を目指す新リーグ構想を踏まえて、参入予定チームが新たな運営スタイルを模索する中で、パナソニックの挑戦は新たなチームの“在り方”の先例として注目される。

【PR】トップリーグは「DAZN」で見られる! リーチ、稲垣、姫野ら、W杯戦士もズラリ… 今なら初月無料キャンペーン実施中!

 ◇ ◇ ◇

 野武士軍団ワイルドナイツの新しい“ねぐら”は、昨秋のワールドカップ(W杯)日本大会のために大幅に改修された県営熊谷ラグビー場の北西に隣接する。来年8月の完成を目指して、工事関係用のプレハブ棟が建ち、整地も始まっている。実際に現地で予定地に立つと、すぐ隣に建つW杯日本大会で大幅に改修された真新しいスタジアムは、あたかもチームの所有物のようだ。

 ロケーションもだが、新たに建設される施設もいままでの国内ラグビーチームのものとはかけ離れている。大きく宿泊棟、練習グラウンド、管理棟に分けられる施設は3万平方メートルを超える敷地になる。従来の熊谷ラグビー場正面入り口にある駐車場ロータリーの横に重量鉄骨造4階、延床面積約6000平方メートルの宿泊棟が建てられ、その奥に1面の総芝グラウンド、そしてグラウンドと同ラグビー場の間には同2階、同面積約2000平方メートルのクラブハウスと、高さ8メートル、延床面積およそ700平方メートルの室内練習場が並ぶ。

 管理棟にはカプセルホテルを含む全247室のホテルやレストラン、売店などが入り、クラブハウスは選手のロッカーやジム、そしてカフェなども設計されている。これらの施設をパナソニック企業スポーツセンター、パナソニックホームズ不動産が、所有元の埼玉県、建設・施設管理を行う埼玉県ラグビー協会から35年という長期契約で借り受けることになる。建設にかかる経費はおよそ35億円で、発注元の県協会が賄う融資もすでに受けているという。

 国内主要チームのグラウンドは、その大半が会社の敷地内や所有地に造られているため一般人の立ち入りにはある程度の制約があるのだが、パナソニックの場合は公共の公園内の施設ということもあり、クラブハウスなどの一部を除けば誰もが入れるパブリックスペースになる。

1 2 3

吉田 宏

サンケイスポーツ紙で1995年からラグビー担当となり、担当記者1人の時代も含めて20年以上に渡り365日欠かさずラグビー情報を掲載し続けた。1996年アトランタ五輪でのサッカー日本代表のブラジル撃破と2015年ラグビーW杯の南アフリカ戦勝利という、歴史に残る番狂わせ2試合を現場記者として取材。2019年4月から、フリーランスのラグビーライターとして取材を続けている。長い担当記者として培った人脈や情報網を生かし、向井昭吾、ジョン・カーワン、エディー・ジョーンズら歴代の日本代表指導者人事などをスクープ。ラグビーW杯は1999、2003、07、11、15、19年と6大会連続で取材。

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集