[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「僕が座ると周りがはけていくけど…」 宮崎大輔が37歳で入り直した大学が面白い理由

世界の大舞台で活躍を続ける内野洋平(中央)【写真:荒川祐史】
世界の大舞台で活躍を続ける内野洋平(中央)【写真:荒川祐史】

宮崎が思う「失敗」の価値、胸に刻んでいる本田宗一郎の言葉

内野「僕のイメージでは『華やかな世界に行ったなあ』という感じですよ」

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

宮崎「全然、華やかじゃないよ! いつも昼メシ一人で食べているからね(笑)」

内野「学食で『ええ、あの人カッコいい!』みたいにキャピキャピした感じなのかと」

宮崎「いや、学食行けないし。俺も入るまではそう思っていたけど、おじさん扱いされるから(笑)」

内野「僕だったら、今から大学に行け、勉強しろと言われても、踏み出せないです。ただ、僕の競技はゴールが分からない。世界のトップになっても、やりたい技はまだまだ死ぬほどある。僕が得意じゃないジャンルで、僕がやりたい技ができる選手がほかにいる。陸上みたいに『誰が一番速いか』だったらボルトになるけど、BMXの場合は『この部分を取ったら、こいつが世界一だよな』というのがいくつもあり、全体で見た評価で僕が一番なだけ。だから、自分の中では全然納得してないし、一流とは思えない。

 そこまで行くと、初心者に毛が生えたくらいの練習をしていると、自分の中で忘れていたものが甦ることがある。プロ同士で練習するより、教えている小学生に『しんどかったら休んでいいよ』『嫌だったら技を変えてもいいよ』と言うけど、しんどい顔をしているのに本当にやりたくてやっている感じ。僕はもう『誰も成功してない技、本当にできるかな』と半信半疑で挑戦するけど、その子たちは『絶対できる』の眼差し。できる、できないじゃなく『頑張れば、できる』。その眼差し、忘れてたなと気づく」

宮崎「小学生を教えると、逆に教えられることあるよね。もう大人になりすぎて、プレーも『裏、裏、裏……』とばっかり考えて動いているから、表の動きを見ると『ああ、こんなに素直にシュート打ったら入るんだ』みたいな」

内野「大輔君が大切にしている『99%の努力と1%のひらめき』も、この年になると1%じゃなく無理矢理ひらめこうとしている。20~30%くらい、ひらめこうと。それは良くない時もある。あと、やっぱり本番と練習は全然違う。練習を本番で出すのは経験値が必要。練習で10回中8回決まる技でも、本番になると半分以下になる。その選択を間違えて減点続きで、上手いのに毎回順位が低い選手がいる。この時はこう戦うというのは経験もある。トランプの大富豪みたいなもので、僕はカードの出し方が上手いだけ」

――2人とも今のポジションには長いキャリアがあり、その裏でたくさんの失敗を繰り返して成長してきたと思います。失敗の価値についてはどう考えていますか?

宮崎「いい言葉があって、ホンダ創業者の本田宗一郎さんの『失敗を恐れるより、何もしないことを恐れろ』。失敗するかもと思っていたら、何も進めない。じゃあ、練習の中でこうなったら失敗の可能性が高くなるとか、こうしたらもっと成功しやすくなるとか、積み重ねないと言えないから。失敗を繰り返す中で、ようやく自分のものになる。最初は誰かを真似ていたとしても、どこかで自分のものになり、自分らしさにつながる。失敗しないのが一番だけど、恐れるよりも失敗から学んだ方がいいと思うね」

内野「僕は大会に出る時、教えている子に言うことがあります。大会に出て緊張するのは当たり前で、練習で決まっていたものが本番で決まらないのは普通。だから『舞台に立った時、大会を目指して何百時間、何千時間、練習してきたこと。その上で、大会で成功しようが失敗しようが、俺からしたらどうだっていい。仮に失敗して順位が低くても、もちろん成功して優勝したら嬉しいけど、その過程で練習してきたもの自体がお前に残っていて、俺も一番欲しかったものだよ』と伝えることがある。

 僕も『世界一になって凄いですね』と言われるけど、何が一番かというけど、大会で世界一になるまでの数か月間、死ぬほど身を削って練習してきたことだと思っている。だから、本番で失敗したり、成功したりしたからといって誰が偉い、偉くないじゃない。ただ『その舞台で緊張しているのは、お前がそれだけ頑張ったということだから。大会のステージに立った時にもう拍手は起きていると俺は思うから、もちろん優勝するために練習はしているけど、失敗しても成功しても、俺の評価は変わらないよ』と。

 僕ももともとは緊張しいで、本番で決められないタイプだった。覚えているのは、27歳の時に考え方を変えたこと。BMXって世界1位になっても、2位、3位になっても変わらない。世の中は回っている。浅田真央さんが五輪の一発で決めるのは本当に凄いと思うけど、僕は優勝しても貧しい子供が食べられるような世界じゃない。自分が思っているほど、自分の世界は大きくなくて、ちっぽけなもの。そう思ってから、急に強くなった。だから、そこでチャンピオンになったとしても、単なる一つの武器に過ぎない」

宮崎「カッコいいわ。『頑張った人が緊張する』というのが、いい言葉だと思う。ホント、そうだろうね。いろいろな技を覚えて『できるかな?』と自分に期待するから。何もしてない人は緊張しない。チームスポーツなら『誰かかがやってくれるでしょ』くらいしか思わない。勉強になります」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集