[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【One Rugbyの絆】聴覚障がい者の「静かで熱い戦い」 デフラグビーの魅力を知っているか

強豪・帝京大で健聴者とともにプレー、公式戦にも出場しトライを経験

 大塚さん自身は、小学4年生の頃にタグラグビーを始め、ラグビーの魅力に取り憑かれた。中学、高校でも健聴者に混じってラグビーをプレー。大学は強豪・帝京大に進み、迷うことなくラグビー部に入った。壁にぶつかったこともあったが、人一倍の努力を重ねて公式戦に出場し、トライを決めた経験を持つ。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 後ろにボールを投げながらゴールに向かって前進するラグビーは、コミュニケーションのスポーツとも言われる。聴覚障がいを持つと声や音によるコミュニケーションが取りづらい。それを大塚さんは、相手の口の動きから言葉を読み取る読唇術と手話、筆談で補っているが、もちろん試合中には使えない。そこで、大学では戦術のパターンを徹底的に学んだ。

「部としてどういうラグビーを目指しているのか理解することで、次のフェーズはどう進むのか想像できます。コミュニケーションが少なくても動けたり、連係プレーを取ることができる。この経験は今、社会人になってからも生きています」

 大学卒業後はパナソニックに入社したが、2015年に発足したNPO法人ワイルドナイツスポーツプロモーションに転職。デフラグビー日本代表として現役生活を続けながら、デフラグビーに限らずラグビーの魅力を1人でも多くの子どもたちに知ってもらいたいと普及活動に携わる。

 デフラグビーは主に7人制で行われるが、選手が両耳どちらとも25デシベル以上の聴覚障がいを持つ以外、通常の7人制と全く同じ。違いがあるとすれば、手話をメインにコミュニケーションを取っている点くらいで、特別ルールは一切用意されていない。そこにこそ、デフラグビーの魅力があると大塚さんは言う。

「ラグビーは聴覚障がい者にとって圧倒的に不利なスポーツなんですね。後ろにボールを投げるのに、振り返って仲間の位置を確認していれば、前からタックルされてしまう。前もってサインプレーを決めていても、試合中にプレーの選択が変わることがありますし、意思疎通ができていないとミスが起きてターンオーバーになってしまう。なので、仲間との相互理解が欠かせません。

 ボールをパスする人なのか、自分で持っていきたい人なのか、仲間のことをよく知らないといけません。よく知った上で意思疎通を図り、チームみんなで助け合うことに力を入れます。そうやってトライを取った時の喜びは、聞こえる人の中でプレーしている時よりも、デフラグビーの方が何倍も大きいです。とても静かだけど、とても熱い戦いが行われている。これがデフラグビーの魅力だと思います」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集