[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「もう一度、頑張ろうと思えた」 高校生の心を動かした陸上・寺田明日香のエール

陸上女子100メートルハードル日本記録保持者の寺田明日香(パソナグループ)が6日、「インハイ.tv」と全国高体連が「明日へのエールプロジェクト」の一環として展開する「オンラインエール授業」に登場。インターハイが中止となった全国の陸上部員に向けて授業を行った。一度は引退し、結婚・出産、他競技転向を経た異色のスプリンターの言葉は、高校生の心を動かした。

「オンラインエール授業」に登場した陸上の寺田明日香
「オンラインエール授業」に登場した陸上の寺田明日香

100メートルハードル日本記録保持者が「オンラインエール授業」で“夢授業”

 陸上女子100メートル障害日本記録保持者の寺田明日香(パソナグループ)が6日、「インハイ.tv」と全国高体連が「明日へのエールプロジェクト」の一環として展開する「オンラインエール授業」に登場。インターハイが中止となった全国の陸上部員に向けて授業を行った。一度は引退し、結婚・出産、他競技転向を経た異色のスプリンターの言葉は、高校生の心を動かした。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 寺田が登場した「オンラインエール授業」はインターハイ実施30競技の部活に励む高校生をトップ選手らが激励し、「いまとこれから」を話し合おうという企画。ボクシングの村田諒太、バドミントンの福島由紀と廣田彩花、バレーボールの大山加奈さん、サッカーの仲川輝人、長谷川唯、テニスの杉山愛さんら、現役、OBのアスリートが各部活の生徒たちを対象に講師を務めてきた。

 第14回の“夢授業”に登壇したのが、陸上の現役日本記録保持者だった。「みんな、今日は学校終わった? 部活は休み? 私も緊張しているけど、ぜひ仲良くなって、いろんなことを話せたらいいなと思います」。授業開始の午後5時過ぎ。オンライン上に現れた寺田が持ち前の明るさで声をかけると、画面に並んでいた少し硬かった高校生の顔が自然と和らいだ。

「私の高校時代は部活の仲間と衝突することもありました。リレーメンバーと『ここは何足長(そくちょう)で出てよ』とか『みんな、練習手を抜いてるんじゃない?』とか。でも、ぶつかり合う時はあったけど、高校生の時に力を合わせた仲間とは仲良しになれて、私も今は家庭を持っているけど、集まるとインターハイとか高校時代の話で盛り上がったりしています」

 冒頭で語ったのは、恵庭北(北海道)時代の思い出。当時の目標は「インターハイで、みんなと優勝すること」。それだけ、本気で陸上と向き合っていたから、絆が芽生えた。仲間と切磋琢磨し、インターハイでは100メートルハードル3連覇、3年時は100メートル、100メートルハードル、400メートルリレーの3冠を達成し、高校陸上界で一躍、その名を轟かせた。

 しかし、卒業後の人生に生きているのは結果ばかりじゃない。寺田は懐かしそうに当時を振り返る。

「仲間と過ごす中で、この子はどういう風に思っているのか、私はどういう声かけしたらいいのかという、一緒に努力するから分かる人とのつながり、コミュニケーションの取り方はもちろん、自分が苦しい時にどう頑張るかというのは陸上競技を通して得たもの。あとは陸上を通じていろんな場所に行けたので、その地域でできたつながりは今も大切な宝物になっています」

「0.01秒でも速く」を求め、努力した過程で手にしたのは、30歳になってもかけがえのない財産だった。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集