[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【THIS IS MY CLUB】年俸一部返納は「簡単ではなかった」 宮澤裕樹主将の決断「札幌のために何ができるか」

サッカーJリーグは先週末、J2が再開、J3が開幕、そしていよいよ7月4日にJ1が再開する。サポーターにとっては待ちに待った瞬間を目前に、複数のメディアによって構成される「DAZN Jリーグ推進委員会」はJリーグ全56クラブの主力選手、クラブ幹部、スタッフをインタビュー。「THIS IS MY CLUB - FOR RESTART WITH LOVE -」と題した企画で、開幕、再開を熱く盛り上げる。

北海道コンサドーレ札幌は全選手が年俸の一部を返納した【写真:(C)2020 CONSADOLE】
北海道コンサドーレ札幌は全選手が年俸の一部を返納した【写真:(C)2020 CONSADOLE】

全選手が年俸の一部を返納、札幌の主将が再開への思いを語る

 サッカーJリーグは先週末、J2が再開、J3が開幕、そしていよいよ7月4日にJ1が再開する。サポーターにとっては待ちに待った瞬間を目前に、複数のメディアによって構成される「DAZN Jリーグ推進委員会」はJリーグ全56クラブの主力選手、クラブ幹部、スタッフをインタビュー。「THIS IS MY CLUB – FOR RESTART WITH LOVE -」と題した企画で、開幕、再開を熱く盛り上げる。

【注目】内田篤人が語る久保建英 「DAZN」番組未公開シーン公開「自分の覚悟は欲しい」

 THE ANSWERではJ1北海道コンサドーレ札幌、MF宮澤裕樹を直撃。クラブへの年俸の一部返納という異例の決断で話題を呼んだチームをまとめるキャプテンは何を思い、行動に移したのか。札幌一筋13年目の男に今季にかける思いを聞いた。

 ◇ ◇ ◇

「札幌の選手は、日頃からサポーターの皆さんやパートナー企業さんと様々な形でコミュニケーションをとる中で、自分たちがどれだけ皆さんに支えられているかを理解しています。お互いがどう貢献し合っているかがわかっているからこそ、苦しいときにお互い、助け合える」(北海道コンサドーレ札幌・宮澤裕樹)

 世界を襲った未曽有のコロナ禍。スポーツ界でも多くの選手、チーム、関係者が自分たちのフィールドを超えて、メッセージの発信や社会貢献活動を行っていた。北海道コンサドーレ札幌も、その一つ。『BEYOND THE LIMITS 乗り越えろ』と掲げたスローガンの元、様々な取り組みをスタートした。

 サポーターや地域に住む人々に対し、SNSや地元メディアから積極的に情報を発信。マスクの寄贈や苦境に立つ協賛企業へのクラウドファンディング。次から次へとアップデートされる彼らの動向を追うだけで、札幌というチームがいかに地域とともに在るかが伝わってくる。

「『厳しいなかでも試合を楽しみにしている』『チームのために戦う姿が見たい』。ファンやサポーターから寄せられる言葉が、いちばん励みになっていました。

 自分たちは以前から、愛情を持ってサポートしてくれるファンやサポーター、企業、そしてチームスタッフがいてこそサッカーがプレーできるんだと思ってはいた。でもこの中断で本当にサッカーがプレーできなくなり、改めて支えてくれる人たちの大きさを感じました。たからこそ、自分たちがチームに対して何か貢献できないかを何度も話合ったし、自然とそこ(社会貢献などの活動)につながっていった。中断期間、応援してくれる方の温かさを感じたし、苦しい中で応援し合える関係性は、本当に素晴らしいと感じました」

 そんななか、札幌のニュースが全国的に衆目を集める。4月6日、コロナ禍で財政的な苦境に立たされるクラブに対し、所属する全28選手が、年俸の一部を返納することを申し出たためだった。

「返納は選手たちから提案させてもらい、チームが気持ちを受け取ってくれた、という形です。“コロナ禍の影響でチームが経営的にも厳しい状況になる”。その情報が選手にも入ってきたことから、自分たちがチームに何かできることを探し、ミーティングを重ね、給料の返納はチームのサポートになるのではないか? と話が固まっていきました」

 この申し出の実現には、選手だけでなく、その家族も同じ気持ちであることが大切だった。そう考えると、美談の一言では片づけられない重みがある。

「(大きな決断だったか?) そうですね、選手個々に給料形態も違うし、家族もいる。だから本当に簡単なことではなかった。自分たちの生活に影響がないか、ということを、選手間で何度も話し合いました」

1 2 3

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビューや健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌などで編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、サンマーク出版)、『カチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチ』(永井峻著、高橋書店)など。

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集